レディースファッション通販&コーデ探し。

レディースファッション情報・minafashion

30代ファッション 40代ファッション 秋冬コーデ

【2021-2022年秋冬ファッション】大人の女性が注目したいトレンドカラーは?解説と取り入れ方

投稿日:

季節の深まりとともに上品に色づく、新作コレクションのカラーパレット。

2021-2022年の秋冬ファッションでは、タイプの違うさまざまなカラーが使われていることがポイントです。

コーディネートの差し色はグリーンやイエローが、ベースカラーはアースカラーや深みのあるカラーが人気となっており、モノトーンも引き続きトレンドです。

今季はどのカラーをどんな風に取り入れたら良いのでしょう?本記事では、大人がトレンドカラーを取り入れるポイントを解説し、旬を彩るカラーの魅力に迫ります。

トレンドカラーを取り入れるときのポイントは?

出典:Re:EDIT

印象的な色からナチュラルな色まで、今季のファッションにはタイプの違う色がふんだんに使われています。それぞれ雰囲気も相性の良い色も異なるため、取り入れる色によって使い方を変えるということが、コーディネートを成功させるヒントになりそうですね。こちらでは特に押さえておきたいポイントをご紹介します。

1.アクセントカラーは一色をチョイス

イエローやグリーンなどのアクセントカラーは、色味がはっきりとしていて印象も強く残ります。ひとつのコーディネートに複数のアクセントカラーを使うと個性がぶつかりやすいので、まずは単色で取り入れてみることをおすすめします。ほかのアイテムを落ち着いた色にするとバランスが取りやすくなり、アクセントカラーも引き立ちますよ。

2.ワントーンのコーディネートは素材で変化をつけて

すべてのアイテムを一色でそろえたオールブラックやオールホワイトのコーディネートでは、光沢のあるサテンやレザー、起毛感のあるニットや圧縮ウール、凹凸をつけたプリーツ素材などを組み合わせるのがおススメです。素材で変化をつけるとメリハリが出て、それぞれのアイテムが持つ魅力まで引き立ててくれます。

2021-2022年秋冬ファッション・注目のトレンドカラー

春夏のファッションではペールカラーやアースカラーが流行りましたが、今シーズンのトレンドカラーはどのように変わっているのでしょうか?人気継続のカラーにも発色や合わせ方に変化が見られるので、ぜひ違いをチェックしてみてくださいね。

アクセントカラー

出典:SAISON DE PAPILLON

出典:Re:EDIT

代表的な色 グリーン、イエロー、ブルー、パープル、ピンク

淡いペールカラーが主流だった春夏に比べて、はっきりとしたカラーが増えた2021-2122の秋冬シーズン。とくに目立っているのがグリーンで、多くのブランドが季節の主力アイテムや定番アイテムの新色に取り入れています。その他のカラーは春夏よりワントーン濃くなり、アクセントとして使いやすくなっています。

アースカラー

出典:Pierrot

出典:BouJeloud

代表的な色 ベージュ、キャメル、カーキ、テラコッタ

ナチュラルなアースカラーも今季の人気色です。アースカラーは肌の色になじみやすく、落ち着いた印象に仕上がるのが特徴です。生地の面積が大きくても派手にならないので、ロングコートやワンピースでたっぷり取り入れるのにも適しています。

ダークカラー

出典:Re:EDIT

出典:Pierrot

代表的な色 ブラウン、ネイビー、チャコールグレー

秋冬になるとアイテムの数が増えるのが、シックで大人っぽい印象のダークカラーです。デザインが同じでも色をダークカラーにするだけで、瞬く間に季節感のある装いに変化しますよ。ダークカラー同士の組み合わせでは、違う素材で奥行きのある着こなしに仕上げるのがポイントで、重さを解消したいときにも有効です。

モノトーン

出典:Pierrot

出典:Re:EDIT

代表的な色 ホワイト、ブラック、グレー

モノトーンのアイテムは今シーズンも引き続き人気です。季節柄、防寒を兼ねたレイヤードスタイルに多く使われているほか、クラシカルスタイルを都会的に見せるためにも使われていますよ。それぞれのカラーを取り入れた着こなしのほか、オールホワイトやオールブラックのように、カラーを統一したスタイルも目立っています。

2021-2022年秋冬トレンドカラー・色別に見るおすすめの取り入れ方

各カラー群から代表的な2カラーを選び、おしゃれで今季らしい取り入れ方をご紹介します。

アクセントカラー

グリーン

出典:Pierrot

存在感があって今季らしいグリーン。新鮮なだけに合わせ方に迷いがちですが、少しダークな色を選ぶと使いやすくなり、定番色のブラックやブラウンにもマッチします。Vネックのニットやテーパードパンツなど、基本の服をグリーンに変えてみるのもおすすめです。シンプルでもコーディネートが今風になるので、ぜひ挑戦してみてください。

「グリーン」はこんな使い方もおすすめ

出典:Pierrot

旬のカラーをシーズン中にたくさん着るなら、ニットアンサンブルで取り入れるのがおすすめです。シンプルなデザインを選べば着回しもしやすく、単品やセットでさまざまなシーンに活用できます。

グリーンは注目度ナンバーワンのアクセントカラー。おしゃれしたい時に着る服やよく使うアイテムで取り入れて、シーズン中にたっぷり活躍させたいですね。

イエロー

出典:Pierrot

今年のトレンドカラーとして引っ張りだこのイエローは、春夏よりトーンを落としたカラーが主流になり、深みのあるカラーと合わせても違和感なくなじみます。ほかのアクセントカラーと合わせると主張がぶつかりやすいので、彩度の低いカラーや落ち着いたカラーと組み合わせると良いでしょう。うまく合わせるとイエローの明るさで全体の鮮度が上がり、秋冬ファッションの重さまで取り払ってくれますよ。

「イエロー」はこんな使い方もおすすめ

出典:Pierrot

イエローのニットとブラウンのパンツを組み合わせたコーディネートです。顔映りの良いイエローをトップスに使えば、暗くなりがちな秋冬の装いがパッと明るくなります。黄みを含むブラウンのボトムスに合わせることで、華やかなカラーがきれいになじんでいますね。

イエローは肌なじみが良くて、思いのほか使いやすいカラーです。今季は落ち着いたトーンのマスタードイエローが主流で、より大人のコーディネートに合わせやすくなっており、トップスでもボトムスでもオシャレに着こなせます。

アースカラー

ベージュ

出典:Pierrot

ベージュは柔らかな印象でコーディネートに取り入れやすいカラーです。パーカーやスニーカーなど、スポーティなアイテムと合わせるとカジュアルさが程よく中和されて、大人に似合うコーディネートへと変化するでしょう。どの色にでも合わせやすく、コートのように毎日着るアイテムにも多く使われています。軽やかなホワイト、クールなブラックなど、組み合わせによる表情の違いも楽しんでみてくださいね。

「ベージュ」はこんな使い方もおすすめ

出典:Re:EDIT

ベーシックで飽きの来ないベージュのトレンチコートは、オンにもオフにも使えて頼りになるアウターです。これから増えるダークカラーの服を軽く見せてくれるため、早い時期から着るアウターには最適です。早めに買って秋のコーディネートに使ったあとは、また次の春に着用することができますよ。

穏やかな印象で、ほかの色にも合わせやすいベージュ。たっぷりの面積で取り入れることもできるので、コートやワンピース、ビッグシルエットのアイテムなどにも最適です。

キャメル

出典:Re:EDIT

キャメルは「ラクダ」の英訳で、ラクダの毛を思わせる赤や黄色の入ったカラーを指します。ベージュに比べると濃いカラーなので、コーディネートを引き締めたいときに役立ち、重ね着用のアイテムや小物におすすめです。ホワイトを多く使ったコーディネートでは、まろかな雰囲気をキープしたまま、ぼやけや着ぶくれを防ぐことができます。

「キャメル」はこんな使い方もおすすめ

出典:Pierrot

そのベーシックさと上品さから、バッグやシューズなどの小物にも最適なキャメル。クラシカルなデザインが多い今季のバッグとも相性が良く、色選びに迷ったらキャメルにしておけば外す心配がありません。上品な印象になるので仕事に着て行く服とも合わせやすく、カジュアルな服をきれいめに仕上げたいときにも使えます。

ベージュに比べて一段濃いキャメルは、合わせやすくバランスも取りやすいオススメのカラー。アウターか小物のどちらかで取り入れておけば、今後手に入れるシーズンアイテムも組み合わせやすくなるはずです。

ダークカラー

ブラウン

出典:Re:EDIT

秋から冬にかけて、ファッションやメイクの場で頻繁に使われるブラウン。赤みを含むブラウンは肌の色に溶け込みやすく、女性らしさやエレガントな雰囲気を高めてくれます。シックで嫌味にならないカラーなので、透け感や光沢のある流行りの素材でも取り入れやすいはずです。ブラウンを着ると地味になってしまう方は、ふんわりしたデザインや柔らかい素材で程よく華やかにするといいですよ。

「ブラウン」はこんな使い方もおすすめ

出典:Re:EDIT

コーディネートに深みをもたらすブラウンのパンツは、クラシカルをテーマにした今季のスタイルとも相性が良いです。ウエスト部分を巻きつけたようなラップデザインなら、モダンさがプラスされて今年らしく仕上がります。足元に添えたミュールでフェミニンに。

季節感を盛り上げてくれるブラウンは、秋冬コーデに積極的に取り入れたいカラー。使い方次第では地味に見えたりメンズライクに傾いたりすることもあるので、柔らかさや華やかさを意識してエレガントにまとめましょう。

ネイビー

出典:BouJeloud

平穏や知性をイメージさせるブルー系のカラーは、通年のトレンドカラーとして多くのアイテムに使われています。バリエーションが豊富なブルーのなかでも、清潔感のあるネイビーは好感度が高く、オンオフを問わずに使えるカラーです。今季のネイビーは、クラシカルなデザインのアイテムで取り入れるのもおすすめ。シンプルなデザインを選んだ場合は、大人の女性に似合う洗練された装いに仕上がりますよ。好みのデザインでおしゃれを楽しみながら上品に装えるカラーです。

「ネイビー」はこんな使い方もおすすめ

出典:Pierrot

2021-2022年秋冬は大きな襟をあしらったブラウスが大流行です。落ち着いた印象のネイビーを選べば、デザインに主張のあるアイテムでも取り入れやすくなります。

まだまだ人気が続きそうなブルー系のカラー。上品さや落ち着きをイメージさせるネイビーは、トレンドアイテムの色選びに迷ったときにもおススメのカラーです。

モノトーン

ブラック

出典:Re:EDIT

ハイブランドの秋冬コレクションでは、異素材でメリハリをつけたオールブラックのコーディネートが目を引きます。トレンド素材を取り入れるなら、光沢が美しいサテンと季節感のあるニットの組み合わせがおすすめ。サテンのアイテムにはブラウスやワンピースが多く、なかにはコーディネートが不要なドッキングアイテムなどもあります。

「ブラック」はこんな使い方もおすすめ

出典:Re:EDIT

素材の風合いでと実用性で秋冬ファッションを選ぶなら、レザー素材のアウターもおすすめですよ。レザーは軽やかで防風性に優れているので、寒くなって重ね着が増えても、着ぶくれ知らずのコーディネートが実現します。

2021-2022年の秋冬ファッションでは、ブラックを多めに使うシックな着こなしが流行りそうな予感です。着こなしのポイントは奥行きを与えることにあります。サテンやレザーといった光沢のある素材を取り入れるだけで、のっぺりとした印象にならずにセンス良く仕上がりますよ。

ホワイト

出典:Pierrot

ホワイトを使ったアイテムの中でも数が多いのは、襟や袖にトレンドのデザインを用いたブラウスです。大きな襟をあしらった白いブラウスは、デニムパンツのようにカジュアルな服にも思いのほか合わせやすく、デイリーからお出かけまで着回しできます。カラーがホワイトということで、合わせるボトムスの色を選ばず、一枚あるとコーディネートの幅がグッと広がります。

「ホワイト」はこんな使い方もおすすめ

出典:Pierrot

全体をホワイト寄りのアイテムでまとめ、カラーワンピースを引き立てたコーディネートです。ペールカラーのように柔らかな色は、強い色と一緒だと存在感が薄くなりがちですが、ホワイトを合わせたことで発色を高めていますね。

秋冬のホワイトが放つ上品な明るさに注目です。ホワイト同士で軽やかに見せたり、ほかのカラーを引き立てたりと、ホワイトにしかできない役割も多いですよね。ウールのニットやコットンシャツで秋冬らしさを楽しむのもおススメです。

まずは気になる一色から!トレンドカラーではじめる2021-2022年秋冬ファッション

出典:Re:EDIT

新しい季節のファッションアイテムを買うとき、トレンドカラーの種類や取り入れ方のヒントを知っておくと、手に入れたアイテムを効果的に使えるようになります。おしゃれの計画も立てやすくなるので、「次はこのカラーをこの服で…」といった具合にスムーズに取り入れていけるようになるはずです。さっそく気になった色にチャレンジして、ファッションを季節の色に染めてみましょう。

今季のトレンドファッションについては、こちらの記事もどうぞ

2021-2022秋冬トレンドファッション速報!30代40代におすすめの色柄やデザインは?
2021-2022秋冬トレンドファッション速報!30代40代におすすめの色柄やデザインは?

一部のショップでは早くも新作アイテムの入荷が始まり、次のトレンドに注目が集まる今日この頃。 2021年から2022年にかけての秋冬ファッションでは、「クラシカルと今っぽさが調和したミックススタイル」が ...

続きを見る

大人の女性におすすめ!「今から使える秋の新作」で残暑シーズンと秋口をおしゃれに着回し

まだまだ暑い日が続きますが、ショップに並びはじめた秋のアイテムにも心が惹かれますよね。 とは言え、まだ気温が高いうちに秋物を取り入れるとなると、暑さや見た目のバランスが気になりませんか? この記事では ...

続きを見る

ライター紹介

Saori

一般財団法人 日本能力開発推進協会「メンタル心理カウンセラー」
日本インストラクター技術協会「服飾インストラクター」

心理カウンセラーとしてカウンセリングを行う傍ら、更なる学びを求めて大学に通う。全ての女性がハッピーになれるような、ファッションからビューティーまで幅広く情報をご提案致します。

 

-30代ファッション, 40代ファッション, 秋冬コーデ

Copyright© レディースファッション情報・minafashion , 2021 All Rights Reserved.