レディースファッション通販&コーデ探し。

レディースファッション情報・minafashion

30代ファッション 40代ファッション 秋冬コーデ

2021-2022秋冬トレンドファッション速報!30代40代におすすめの色柄やデザインは?

投稿日:

一部のショップでは早くも新作アイテムの入荷が始まり、次のトレンドに注目が集まる今日この頃。

2021年から2022年にかけての秋冬ファッションでは、「クラシカルと今っぽさが調和したミックススタイル」が流行の予感。

トレンドキーワードのヒントは、東京オリンピックでもテーマになった多様性と調和、そしてコロナ以降に求められる心地良さにあるようです。

色柄、素材、スタイル、デザインなど、30代40代向けにトレンドを集約してご紹介します。

昨年のとの違いも含めて詳しく見ていきましょう。

テーマ

クラシカルとモダンのミックス

 

出典:Re:EDIT

昨年の秋冬ファッションでは、「クラシカルな印象のファッション」や「あか抜けたエフォートレスファッション」が流行し、それぞれがスタイルとして確立していました。今季のファッションは、過去と現在のさまざまなディティールを調和させ、自分らしくまとめるスタイルが流行しそうな予感。レトロなブラウスとシャープなパンツ、モードな重ね着とビットローファー、ジャケットとスポーティなジョガーパンツなど、自由度の高いコーディネートを楽しめそうです。アクセサリーや小物についても、ヴィンテージ調と今風のものが織り交ぜて使われています。

自分らしいフェミニンスタイル

出典:Pierrot

大きな襟、ふんわりとした肩や袖、広がるティアードフリルの裾、ウエストを絞ったXラインなど、今季は女性らしさを意識したディティールが多く見られます。同じフェミニンでもハンサムに装っていた昨年とは違い、女性の持つしなやかさを強調しているのが特徴です。女性らしさはデザインと素材で表現され、それぞれに個性のある点が今の時代を反映しています。ジェンダーを越えて自分らしく楽しむ、そんな感覚がしっくりくるスタイルです。

トレンドカラー

アースカラー

出典:Re:EDIT

今季のファッションで多く使われているのが、自然をイメージさせるアースカラーです。サステナブルファッションの定着で春夏も人気だったアースカラーは、秋冬の景色とリンクしてアイテムの数が増えそう。定番カラーのブラウンやキャメルは、合わせやすくてデイリーアイテムにおすすめです。オレンジやピンクのニュアンスを持つベージュは、暖かみがあって穏やかな印象に。カーキ、テラコッタ、ダークピンク、マスタードは、大人のファッションになじむ使いやすいカラーです。

アクセントカラー

出典:Re:EDIT

ブルー、イエロー、パープルはまだまだ人気で、秋冬でもアクセントカラーとしてよく使われています。春夏より少し濃いカラーを選ぶと使いやすいでしょう。グリーンについては大きな変化が見られ、春夏にトレンドだったミントグリーンの代わりとして、レプラコーングリーンと呼ばれるはっきりとしたグリーンが登場しています。秋冬のダークカラーに合わせやすい鮮やかなピンクにも注目です。

ダークカラー

出典:Re:EDIT

重めのカラーで雰囲気たっぷりに仕上げたい秋冬のコーディネート。大人向けブランドのカラー展開では、キャメル寄りのダークブラウンや、こっくりとしたチョコレートブラウンの採用が多いようです。落ち着きを感じるネイビーやフェミニンなボルドー系のブラウンも、30代40代におすすめのカラー。クラシカルな雰囲気を高めたい方は、コートやワンピースでたっぷり取り入れてみてはいかがでしょうか?

モノトーン

出典:Re:EDIT

今季のファッショにおいてもモノトーンの人気は健在で、多くのブランドが新作に取り入れています。清潔感のあるピュアホワイトは、襟の大きなブラウスでコーデの主役にすると今風に。重ね着に使うホワイトは暖かみのあるカラーを使うのがおすすめです。グレーは今年のトレンドカラーということもあり、明るいグレーからチャコールグレーまで幅広くそろっています。ブラックのコーディネートは素材で変化をつけるのがポイントです。

トレンド柄

チェック

出典:Pierrot

秋冬になると流行らない年はないともいえるチェック柄ですが、今シーズンは配色が落ち着いているため、大人にも取り入れやすくなっています。窓枠の四角いフォルムが由来のウィンドウペンというチェックは、単色で描く細いラインのパターンで、シンプルに装いたい方にイチオシの柄です。主張しすぎないチェックが多いので、花柄やドット柄とミックスして使うこともできます。

クラシカル柄

出典:Re:EDIT

2021-2122年の秋冬コレクションは、ヴィンテージアイテムに見られるシックな花柄、点を不ぞろいに並べたランダムドット、人物や草木を含む風景柄など、どこかクラシカルな雰囲気の柄であふれています。ニットの模様では、異なる柄を編み込んだジャガード織りやレトロなマルチボーダーも目を引きます。ワンピースやロングスカートでたっぷり取り入れても素敵ですね。

トレンド生地

ダウン、キルティング、パファー

出典:Re:EDIT

ダウンジャケットや中綿のキルティングスカート、ステッチを入れずに仕上げたパファージャケットなど、空気を含んだ暖かいアイテムが流行りそうです。トレンドの背景として、コロナ禍で機能性や扱いやすさを重視するようになったことや、オリンピックの開幕によるスポーティファッションへの注目などが考えられます。今シーズンは30代40代が使いやすいきれいめのアイテムが増えそうです。

サテン

出典:STYLE DELI

光沢と滑らかさが魅力のサテンは、フェミニンなムードと抜け感の演出にぴったりの生地です。2021-2022秋冬ファッションでは、ブラウス、スカート、ワンピースにサテンが多く使用されています。サテンと相性が良いスカートはプリーツスカートやマーメイドスカートで、揺れ具合に合わせて美しい表情を見せてくれます。ツヤを抑えたマットなサテンやシアー感のあるサテンにも注目です。

レザー

出典:Re:EDIT

毎年、秋冬のファッションにはレザー素材のアイテムが多く見られます。なかでも人工的に作られたフェイクレザーのアイテムは、サステナブルが鍵となる近年のファッションにマッチして、各ブランドのリリースが加速しています。手頃な価格と扱いやすさも人気の理由となっているようです。薄手でも風を通さず暖かく、服装のボリュームを抑えたいときにも便利です。

もっと詳しく

【2021-2022年秋冬トレンド】生地は「光沢」「クラシカルな織物」などに注目!解説&大人コーデ

カラーやデザインとともに、季節のファッションを楽しむうえで外すことのできないトレンド生地。 今シーズンのおしゃれを盛り上げてくれるのは、どのような生地たちなのでしょうか? 秋冬のファッションでは、暖か ...

続きを見る

トレンドスタイル、デザイン、アイテムなど

レイヤード

出典:Re:EDIT

組み合わせ次第で新鮮に装えるレイヤードスタイル(重ね着)。今季のファッションでは、ベストやジレを使ったレイヤードスタイルが注目されています。重ね着が流行するということは、重ね着風に見せるドッキングアイテムも増えることが予想されますね。着ぶくれが気になる方は、ドッキングアイテムや付け襟を使ったレイヤードスタイルがおすすめです。

Xライン

出典:Pierrot

バランスの傾向としては、ウエストを絞ったXラインのシルエットが目立っています。といっても無理にくびれを強調するのではなく、トップスとボトムスにボリュームを置き、自然な視覚効果を得るというのが今年流のようです。トップスのボリュームアップに使えるのは、大きめの襟、ケープ、ボリュームショルダーやショート丈のトップスなど。合わせるボトムスはワイドパンツ、ティアードフリルスカート、マーメイドスカートなどが好相性です。

マルチウェイ

出典:Re:EDIT

前後両方で着用できるアイテムや、留め方によってシルエットが変わるアイテムなど、一枚でいくつもの着方を楽しめるマルチウェイアイテム。今季のコレクションでは多くのブランドがこのトレンドを採用し、2way、3way、そしてマルチウェイとしてアイテムを展開しています。セットアップの服などはすでに定番になりつつありますよね。多機能で長く使えることから、サステナブルファッションとしても需要が高まっています。

ビッグカラー

出典:Pierrot

マスクの着用やオンラインでのやり取りが増えた背景から、顔まわりを華やかに見せる服がトレンド入りしています。なかでも注目したいのは、春夏から人気が広がりつつある大きな襟(カラー)をあしらった服です。デザインのバリエーションは、襟の先がとがったバリモアカラー、スカーフのようなボウタイ、四角ばったスクエアカラー、背中側がスクエアになったセーラーカラーなど。コートでは存在感のあるスタンドカラーも目立ちます。

フリンジ

出典:Pierrot

時代や文化を越えたミックススタイルが注目される今シーズン。アウターやファッション小物の装飾として、素朴で温かみのあるフリンジの使用が目立ちます。フリンジのついたマフラーを添えるだけでも今年らしく見えますよ。フリンジというとエスニックな着こなしをイメージしがちですが、単色のスタイリッシュなアイテムを選ぶと、コーディネートの幅がグッと広がります。

ケープ、ポンチョ、マント

出典:Re:EDIT

首から胴を生地でおおうケープは、流行りのボリューム袖とも相性の良いアウターです。ケープの由来はヨーロッパの伝統衣装にあり、上品でクラシカルなムードを高めてくれます。アウター以外では、ブラウスのデザインとして取り入れられることも。中央の穴から頭を出して着るポンチョや、ケープを長くしたようなマントも含めて、生地を大胆にまとうデザインが広く浸透しそうです。

ベスト、ジレ

出典:Re:EDIT

レイヤードスタイルの定番アイテムになりつつあるベストは、おしゃれと防寒を兼ねた一枚として、秋冬のコーディネートに活躍します。前シーズンに引き続き、デザインはシンプルなものが大半で、ブラウスやシャツに重ねて多彩な着こなしを楽しめるでしょう。クラシカルスタイルがトレンドの今季は、上品なジレをポイントに装うのもおすすめです。

ジョガーパンツ

出典:Re:EDIT

ストレスフリーなファッションが人気の今、動きやすいジョガーパンツが注目アイテムとなっています。その名の通り、ジョギングをする際に履くスポーツアイテムがもとになっているジョガーパンツ。裾が絞られていることで、足さばきの良さとすっきりした見た目を叶えます。ジョガーパンツの使い方でお手本にしたいのは、きれいめの服装に合わせてカジュアルダウンするというもの。着こなしのコツは素材やカラーで上品さを意識することです。

ニットセットアップ

出典:Re:EDIT

冬服の代表的な生地のひとつが、暖かくてふんわりとしたニット生地です。この秋冬はニットを使ったセットアイテムが増えていて、マフラー付きのセーターやワンピース、セーターとスカートのセットアップが盛りだくさんです。伸縮性と保温性に優れたニットは、ファッションに快適さを求める今の時代にもぴったり。ニット同士の新鮮なレイヤードも試してみたいですね。

ローファー

出典:Bou Jeloud

定番シューズとして幅広い世代に愛されているローファー。全体としてクラシカルなデザインが多い今季は、ローファーも金具の装飾で雰囲気を出したものが目立ちます。年間を通して使えるうえに合わせやすいため、購入して損のないアイテムだといえるでしょう。つま先のデザインはスクエアトゥが多く、ソールが厚底のタイプなども見つかります。

レザーブーツ

出典:Re:EDIT

寒い時期の足元に欠かすことのできないレザーブーツは、ほかのアイテムを引き立てるシンプルなデザインが狙い目です。スムースレザーのショートブーツは、クラシカルなトレンド服を上品に着こなすのに向いています。秋冬ならではの雰囲気を満喫したいときは、膝下丈のロングブーツを選ぶのもおすすめ。ショート丈のボトムスに合わせる着こなしも今年らしいですね。

ミュール

出典:Re:EDIT

夏のサンダルに代わって軽やかなシューズの主流となるのが、かかとに留め具のないミュールです。トレンド感のあるミュールとしては、つま先がスクエアトゥになったものや履き口がV字にカットされたものがおすすめです。ビットのついたローファー風のミュールも普段使いしやすいですよ。キルティングやボアなど、暖かそうな素材のミュールも並びはじめていて、季節感を出したいときに役立ちそうです。

スクエア

出典:Re:EDIT

春夏から長期でトレンドインしているスクエア型のデザイン。2021年から2022年の秋冬コレクションでも、小物を中心に多くのアイテムに取り入れられています。スクエアトゥのシューズは見た目がシャープなうえに履き心地も良く、ブーツやパンプスで迷ったときにはおすすめです。バッグではレザーの編み込みやパイピングを添えたバッグも登場し、それぞれに個性のあるスクエアを表現しています。

クラシカルバッグ

出典:Re:EDIT

今季のバッグに見られる特徴として、金具のついたクラシカルなデザインが多く登場しています。中央についた金具で開閉するパドロックバッグは、ヴィンテージ感と上品さを同時に演出したい方にぴったり。スクエア型の金具がおしゃれなバッグや、ハンドルにチェーンを取り入れたリッチなバッグも見つかります。このタイプのバッグには重厚感があり、小さめで取り入れても存在感を放ちます。シーンに合わせて持ち方を選べるマルチウェイのタイプも人気です。

2021-2022秋冬トレンドファッションのまとめ

過去と現在のさまざまなディティールを調和させ、新しく自由度の高いスタイルを作り上げている今季のファッション。

テイストとしては秋冬らしくクラシカルですが、今風のデザインや機能的なアイテムを取り入れているところが新鮮です。

今後、これらのトレンドがどのように発展していくのか楽しみですね。

なお、アイテムを取り入れる際は、気に入ったものを早めに押さえておくのがおすすめです。

薄手の服やファッション小物については、夏から秋へのスイッチシーズンを待たずに、今すぐ使えそうですね。

ぜひショッピングやコーディネートにお役立てください。

ライター紹介

Saori

一般財団法人 日本能力開発推進協会「メンタル心理カウンセラー」
日本インストラクター技術協会「服飾インストラクター」

心理カウンセラーとしてカウンセリングを行う傍ら、更なる学びを求めて大学に通う。全ての女性がハッピーになれるような、ファッションからビューティーまで幅広く情報をご提案致します。

 

-30代ファッション, 40代ファッション, 秋冬コーデ

Copyright© レディースファッション情報・minafashion , 2021 All Rights Reserved.