レディースファッション通販&コーデ探し。

レディースファッション情報・minafashion

30代ファッション 40代ファッション 春夏コーデ

雨の日も快適に!梅雨時期のファッションに多い大人女性のお悩み解決Q&A

投稿日:

毎年梅雨のシーズンが訪れると、着るものや合わせる小物に悩む方が多いのではないでしょうか?

梅雨時期の気候は気温差の大きさと湿度の高さが特徴です。

雨に濡れることだけでなく、暑さ寒さの調整やジメジメ対策が必要になるのです。

仕事や家事に忙しい30代40代の女性にとっては、濡れた服のお手入れをいかに減らせるかも重要ですよね。

雨の日のファッションを快適にすべく、お悩みの解決方法を探ります。

大人の女性におすすめの梅雨コーデもご覧ください。

Q.雨の季節は寒かったり蒸し暑かったりして服装選びが難しいです。

A.重ね着で温度と湿度の調整をしましょう。

出典:Pierrot

気温の上がり下がりが激しく湿気の多い梅雨は、調整の利く重ね着をおすすめします。組み合わせの基本はインナー、羽織りもの、ボトムスです。インナーとして使うアイテムは、キャミソール、タンクトップ、Tシャツ、カットソーなど。気温に合わせて複数の袖丈を用意しておくと便利です。なお、微調整できるストールや帽子、アウター代わりなるワンピースがあれば、着こなしの幅を広げておしゃれを楽しめるでしょう。

Q.梅雨の時期に新しく買うなら、どんなアウターがいいですか?

ナイロンパーカーやトレンチコートなど、薄手のアウターがおすすめです。

出典:DoCLASSE

初夏に入ったとはいえ日によっては肌寒く、雨対策も考えるとなると難しい梅雨のアウター選び。20度前後の気温で重ね着による温度調整を視野に入れるなら、ナイロンパーカー、トレンチコート、マウンテンパーカーなどが候補になります。薄手の生地でも目が詰まっていれば、軽い雨の日にも安心して過ごせます。軽やかで水に強いナイロン素材のアウターは、服装のスポーティーな味つけとしても一役買ってくれますよ。薄手のタイプはかさばらないので、コンパクトにして持ち歩くこともできます。

Q.リゾートっぽく見えない通勤に使えるリネンの服が欲しいです。

A.オフィスで着るなら、きちんと感のあるジャケットやIラインスカートがおすすめです。

出典:Pierrot

通気性が良くて雨の日にもさらりとしているリネンですが、アイテムによってはリゾート感が出てしまい、オフィスなどの場には着て行きづらいこともありますよね。職場のルールや雰囲気にもよりますが、通勤服としてリネンの服を選ぶときは、奇抜な色柄のアイテムを避けて、きちんとしたデザインの一枚を選ぶのが無難です。30代40代のオフィススタイルに合うリネンの服は、ジャケット、ジレ、シャープなIラインやAラインのスカートです。

Q.雨上がりにレインブーツが服装から浮いてしまうのがイヤなんです。

A.雨が止んでも履けるオシャレなレインシューズがおすすめですよ。

出典:DoCLASSE

朝は雨降りなのに帰る頃には止むことも多いこの時期の天気。雨上がりのレインブーツがちょっぴり恥ずかしくなってしまう、そう感じている方も多いのではないでしょうか?そんなときには、雨晴兼用で履けるデザインのレインシューズを選ぶのがおすすめです。フェミニン派のコーディネートに合うのは、ボリューム感を抑えたパンプスタイプのレインシューズです。カジュアル派の方にはスニーカータイプがぴったりです。このようなレインシューズがあれば、仕事帰りに用事がある日でもおしゃれを諦めずに済みます。

Q.レインシューズ以外で軽い雨の日にも履けるシューズを探しています。

A.少しの雨なら、底が厚い合皮スニーカーでも対応可能です。

出典:Bou Jeloud

通常のシューズでも素材やデザインに気をつければ、完全防水のレインシューズまではいかなくとも、ある程度の雨対策として取り入れることができます。たとえばスニーカーなら、素材は雨に強い合皮や水を弾くエナメルが良いでしょう。ソールのタイプとしては、軽い水たまりくらいなら水がしみない厚底タイプが便利です。必要に応じて防水スプレーをかけておくのも一つの方法ですね。ただ、本格的な雨の日には縫い目などから水がしみやすいため、レインシューズを用意して使い分けると良いかもしれません。

Q.雨の日は足元の泥ハネが気になります。どんな服を選べばいい?

A.濃い色や柄のボトムスを選ぶと良いでしょう。

出典:Pierrot

雨の日に泥がはねてパンツやスカートの裾が汚れてしまったという方は多いのではないでしょうか?とくに淡い色のパンツやスカートだと汚れが目立ちやすいものです。この時期の通勤やお出かけに着て行くなら、濃い色や柄物のボトムスを選ぶと良いでしょう。デザイン的に泥ハネが気になりにくいのは、パンツだと足首より短いアンクル丈やクロップド丈と呼ばれるタイプです。生地が広がりやすいスカートの場合は、さらに短いミモレ丈がおすすめです。最近では撥水加工が施された生地でできたボトムスも見つかります。

Q.湿気で洋服がシワシワ。シワを気にしないで着られる服はありますか?

A.シワになりにくいリネン調の合繊生地などで対策しましょう。

出典:Re:EDIT

梅雨どきの悩みとして、服のシワが気になることを挙げる方も少なくありません。一般的にシワになりやすいのは、糸の反発性が弱いコットンやリネンのアイテムです。反発性に富んだポリエステル、ナイロン、ウールなどはシワになりにくいとされていて、最近ではリネン調の合繊生地も人気です。座ったときにシワがつきやすいボトムスではシワになりにくい素材を選ぶか、リネンやコットンでも化学繊維がミックスされた素材がおすすめです。楊柳(ようりゅう)生地やサッカー生地など、あえて生地にシワのような加工を施した服を選ぶという手もあります。

Q.梅雨の時期は手洗いやクリーニングで服の手入れが大変です…。

A.ウォッシャブルの服なら、お手入れの負担を軽減してくれるでしょう。

出典:Pierrot

着ている服が雨や泥で汚れたり蒸し暑くて汗ばんだり…。湿度が高くて洗濯物が乾かないのに、その量は増える一方の梅雨シーズン。アイテムによっては手洗いやクリーニングが必要で、忙しい30代40代には大きな負担になりますよね。最近では洗濯機で洗えるウォッシャブルの服も増えてきていて、働く女性や育児に忙しいママ達に人気があります。ウォッシャブルのシリーズで多様なデザインを揃えているショップも見つかりますよ。便利なアイテムを揃えておくことで、梅雨シーズン特有の大きな悩みが解決します。

Q.この時期はジットリと湿った服で一日を過ごすのが憂鬱です。

A.梅雨どきの湿気や汗に悩む方は着替えも選択肢に入れて。

出典:Pierrot

梅雨どきに行きの道のりで湿った服は乾きづらく、着ているあいだ中ドンヨリとした気分になりますよね。また、湿気や汗で濡れたままの服を着ていると、体が冷えて体調を崩しかねません。その対策として、少し早めに到着して着替えることも選択肢に加えましょう。インナーやトップスを交換するだけでも、かなり快適に過ごせるはずです。コーディネートのしやすさを考えるなら、よく使うTシャツやタンクトップを何枚か揃えておくと安心です。

Q.梅雨シーズンの蒸れやニオイを気にせず快適でいられる服は?

A.抗菌や防臭の機能を備えたアイテムがおすすめです。

出典:イーザッカマニアストアーズ

梅雨の時期は湿度が高くてジメジメしているので、気をつけていても服が蒸れて不快なニオイが発生しやすいものです。できるだけ快適に過ごしたいと思ったら、抗菌やニオイ防止の機能を持つアイテムを選ぶのも一つの手でしょう。最近は機能性アイテムを扱うショップが増えて、コットン素材、シンプルなデザイン、かつ手頃な価格と、使いやすく枚数を揃えやすいアイテムが見つかります。よく使うアイテムだけでも必要な機能が備わっていると安心ですね。

Q.梅雨から夏にかけておすすめの快適なボトムスはありますか?

あると重宝するのは給水速乾タイプのボトムスです。

出典:DoCLASSE

梅雨から夏へと季節が変わる時期は、気温や湿度の上昇に対応するかどうかが服選びのカギになります。着ていて快適に過ごせるのは、湿気や汗を素早く吸って逃がしてくれる吸水速乾のボトムスです。濡れても軽やかで足にまとわりつかないことを考えると、ストレッチの効いたボトムスもおすすめです。このタイプのボトムスを何本か用意しておくと、これから夏までの長い期間を快適に過ごせるようになるはずです。

Q.雨の日の通勤やお出かけは、どんなバッグを選べばいいの?

A.雨に強いのは、撥水素材、合成皮革、PVC素材、エナメルなどを使ったバッグです。

出典:DoCLASSE

大事な持ち物が濡れることのないように、梅雨シーズンには専用のバッグがあると重宝します。まずは素材ですが、雨に強いのは撥水加工が施されたバッグです。また、合成皮革、PVC素材、エナメルのバッグは濡れてもサッと拭けます。次にバッグのタイプですが、傘を持つことを考えると両手がふさがらないショルダータイプがおすすめです。通勤やお出かけに使うということですから、デザインは上品でシンプルなものが良いでしょう。

Q.見た目が爽やかでサラッとしたシャツを探しています!

A.リネン素材の青いストライプシャツはいかがでしょうか?

出典:DoCLASSE

軽い羽織りものとしても使えるシャツは、梅雨どきに活躍するアイテムの一つです。清涼感のあるブルーのストライプ柄なら、着る側も目にする側もフレッシュな気分になれるはず。素材はサラッとした肌触りが特徴のリネンがおすすめです。吸湿性が高くシャリ感のあるリネンは、汗をかいても肌に張り付きにくい素材です。梅雨どきのジメっとした日には、ストライプ柄のリネンシャツで気分よく外に出ましょう。

Q.蒸し暑い日にヘビロテできるカーディガンが欲しいんです。

A.さらりとした着心地で快適な吸水速乾のカーディガンがおすすめです。

出典:Bou Jeloud

吸水速乾機能がついた薄手のカーディガンは、湿度の高い梅雨どきから夏の冷房対策にぴったりです。湿気や汗を吸った洋服は、時間が経つと肌にベタっと貼りつきやすくて不快なものです。そのまま着ていると雑菌が増えてニオイの問題に発展することだってありますよね。その点、吸水速乾のカーディガンなら、水分を素早く吸って放出してくれるため、雨の日もサラサラのお肌で気分よくいられます。

Q.雨の日のお出かけに気分が上がるフェミニンな服は?

A.ドット柄やブルー系のカラーなど、雨模様とリンクする色柄がぴったり。

出典:Pierrot

雨や湿気で気分がドンヨリしがちな梅雨のお出かけは、この時期ならではのカラーや柄を取り入れて気分を盛り上げましょう。ブルー、パープル、ピンクは、この季節に咲く花々のように、しっとりと可憐な印象に仕上がります。見せたいイメージ別に柄を選ぶなら、フェミニンな花柄、雨粒のようにキュートなドット柄、清潔感あふれるストライプ柄がぴったりです。自然に調和する色柄を選べば、曇り空が良き背景となってコーディネートを引き立ててくれます。

梅雨時期におすすめの40代向けコーディネート

「吸水速乾カーディガン×ブルーのパンツ」

出典:Bou Jeloud

湿度が高くて蒸し暑い日の服装は、吸水速乾のアイテムを賢く使って快適さをキープするのが得策です。カーディガンなら一枚でトップスとして使えるほか、キャミやタンクトップに重ねるスタイルも楽しめて便利です。雨の日が続く梅雨シーズンは、パンツで取り入れたブルーがスッキリした気分にさせてくれます。

「撥水ジャケット×パープルのスカート」

出典:Bou Jeloud

水を弾く撥水加工のジャケットを着ていれば、パラパラ振り出す突然の雨も気にせずにいられます。スタイリッシュなデザインなら雨の日以外にも使えて、ロングシーズンのコーディネートに活躍します。アジサイ色のスカートを投入すれば、今の季節にぴったりの女性らしい装いが完成します。

「グリーンのパーカー×ドット柄プリーツスカート」

出典:DoCLASSE

軽やかな素材でできたドット柄のスカートは、雨の日の憂鬱を吹き飛ばして楽しい気分になれそうですね。色は泥ハネの気にならないダークカラー、生地はシワの心配が少ないプリーツと、雨の日に対応するアイテムを選んでいるのがポイントです。顔に近いトップスに明るいグリーンと取り入れて気分も晴れやかに。

アイテム選びで差がつく大人の梅雨のファッション。事前の準備で快適に!

出典:STYLE DELI

機能性アイテムやテンションが上がる色柄を選ぶことで、梅雨どきのストレスを大きく減らすことができます。

この時期に必要となるアイテムのほとんどは、夏場のファッションや秋の台風対策にも使えるため、揃えておくとロングシーズンに活躍してくれるはずです。

ご自分のライフスタイルに合うアイテムを揃えれば、今年の梅雨は快適におしゃれを楽しめるでしょう。

ライター紹介

Saori

一般財団法人 日本能力開発推進協会「メンタル心理カウンセラー」
日本インストラクター技術協会「服飾インストラクター」

心理カウンセラーとしてカウンセリングを行う傍ら、更なる学びを求めて大学に通う。全ての女性がハッピーになれるような、ファッションからビューティーまで幅広く情報をご提案致します。

-30代ファッション, 40代ファッション, 春夏コーデ

Copyright© レディースファッション情報・minafashion , 2021 All Rights Reserved.