*本ページにはPRが含まれることがあります

40代コーディネート 大人フェミニン 着こなし術

40代女性が使える『甘めディティール』アイテム19選!取り入れるポイントは?

Saori

Saori

一般財団法人 日本能力開発推進協会「メンタル心理カウンセラー」 日本インストラクター技術協会「服飾インストラクター」 心理カウンセラーとしてカウンセリングを行う傍ら、更なる学びを求めて大学に通う。全ての女性がハッピーになれるような、ファッションからビューティーまで幅広く情報をご提案致します。

レース、フリル、チュールなどの甘いディティールを取り入れると、華やかさがアップして大人の可愛さを引き立ててくれます。

もともとガーリーなファッションが好きな人にとっては、甘い服は心をときめかせてくれる大切な要素でもあるでしょう。

この記事では、甘いディテールの取り入れ方に迷う人に向けたヒントとともに、40代女性が着こなしやすいアイテムをたっぷりとご紹介します。

Contents

40代女性が甘めディティールを取り入れる時のポイントは?

①色味を抑える

出典:DoCLASSE

甘いディティールを大人っぽく取り入れたい場合、手っ取り早いのは色味を抑えるという方法です。

使いやすいカラーは、ホワイト、ブラック、グレーなどのモノトーンや、落ち着きのあるネイビー。

甘さたっぷりのピンクも、ペールピンクやピンクベージュに置き換えると、大人のコーディネートに取り入れても浮かなくなります。

その他のくすみカラーでは、パープル系、ライトブルー系、ミント系のカラーも使いやすく、より落ち着いて見せたい場合はダークカラーやアースカラーもおすすめです。

②上品な印象に仕上げる

出典:Re:EDIT

甘いディティールのアイテムは、ともすると幼く見えてしまうことがあります。

可愛らしさをキープしたまま大人に似合わせるなら、上品に見えるアイテムを選ぶことが重要です。

まず意識したいのは生地。上質なものを選び、チープに見えないように気をつけましょう。

次にコーディネート全体では、プチプラのアイテムだけでまとめず、質のいいアイテムを取り入れてバランスを整えるとうまくいきます。

③フェミニン、モード、スポーティに変換する

出典:DoCLASSE

レースやリボンをふんだんに使うガーリーファッション、クラシカルな要素が強いゴスロリファッションなど、もともと甘い雰囲気のファッションが好きな方の場合は、テイストを残しつつ大人のスタイルに変換するのがおすすめ。

移行しやすいのは、ガーリーだったらフェミニン、ゴスロリならモードです。

シンプルなファッションや機能的な服が好きな方は、ほんのり甘いスポーティに変換するというのも一つの方法ですよ。

40代女性が使える『甘めディティール』①レース

マーメイドスカート

出典:DoCLASSE

ナチュラルな雰囲気のリーフ柄レースで、大人が着ても甘くなりすぎないマーメイドスカート。

裾のフレアが美しく揺れて、足元をキレイに見せてくれますよ。

糸の重なりが伝わる上質なレース生地を使っているため、40代女性の上品さを保ちつつ、クラス感のあるコーディネートに。

くびれの部分が緩やかなカーブになっていて、お尻が強調されないことも嬉しいですね。

ガーリーからフェミニンに変換しやすい、大人にぴったりのアイテムです。

レース使いボリュームスリーブブラウス

出典:Pierrot

襟と袖口にレースをあしらった、ほんのりガーリーなブラウス。

落ち感のある素材を使用することでボリュームが出すぎるのを防いでくれて、すっきりシャープな印象で着こなせます。

襟のデザインはクラシカルなハイネック。控えめな雰囲気に仕上がるので、トレンドのジャンパースカートと合わせてもうまくいきますよ。

他にも、ワイドパンツに組み合わせてマニッシュに着こなしたり、丈が長めなので裾を出してスキニーパンツと合わせたりするのも可能です。

カシュクールドッキングニット

出典:fifth

こちらのアイテムは、レースのハイネックトップスとカシュクールニットを重ねたような、おしゃれなドッキングニット。

これ一枚で上半身のコーディネートが完成し、組み合わせを考える必要なくてお手軽です。

カシュクールトップスのレイヤードは、ヨガウェアのコーディネートによく見られるスタイル。

くびれを強調するので着やせも期待できて、大人もスタイリッシュに着こなせるでしょう。

40代女性が使える『甘めディティール』②リボン

ボウタイブラウス

出典:DoCLASSE

大人ガーリーの定番アイテムともいえるボウタイブラウス。大ぶりのボウタイがとても華やかで、着映えするタイプの一枚です。

甘くなりがちなアイテムも落ち着いたネイビーを選べば、知的な大人像を演出できるでしょう。

大人に似合うコーディネートのおすすめは、クラシカルなイメージを意識したスタイリング。

ワイドパンツならハンサムに仕上がり、チェック柄のスカートならフェミニンで雰囲気たっぷりに仕上がります。

キャンディスリーブブラウス

出典:Pierrot

同じリボンのディティールでも、リボンの幅が細いとまた違った雰囲気に仕上がりますよね。

こちらのブラウスはフロントに細いリボンを添えて、同じリボンで袖口を結ぶキュートなデザイン。

ディティールが主張しすぎないので、複数のリボンでも甘さはそれほど強くありません。

生地がストライプ柄ということでシャープさも加わり、これならオフィスカジュアルなどのオンシーンにも着まわせそうですね。

リボン付きカーディガン

出典:DoCLASSE

カーディガンとリボンの掛け合わせは甘くなりやすいですが、ホワイト×ブラックのバイカラーにすれば、シンプルで洗練されたイメージに仕上がります。

配色のバランスに加えて、こちらは細リボンでディティールをさり気なく取り入れているため、アクセントになってコーディネートが引き締まるでしょう。

サイズ感はコンパクトなので、フレアスカートやワイドパンツを合わせて、フィット&フレアのシルエットにまとめるのがおすすめです。

リボン付きベストとワンピースのセットアップ

出典:DoCLASSE

これ一着で抜け感のある着こなしが決まる、おしゃれなセットアップ。

シンプルな長袖のワンピースに、リボンがポイントのベストを組み合わせたアイテムは、セットと単品の両方で活躍してくれます。

大きめのリボンはアクセントになるだけでなく、お腹のポッコリ感をカバーするのにも役立ち、デザインを楽しみながら体型カバーまで叶えてくれますよ。

モダンな印象に仕上がるデザインで、年齢を気にせずオシャレに着こなせます。

40代女性が使える『甘めディティール』③チュール

チュールスカート

出典:Re:EDIT

生地をたっぷり使用したチュールスカートは、歩くたびに揺れて華やかさいっぱい。

チュールスカートはかなりガーリー度の高いアイテムですが、グレーなどのシックなカラーを選ぶことにより、ふんわり感をキープしたまま大人にも合わせやすくなります。

コーディネートでは引き算を意識して、シンプルなニットやスクエアトゥのショートブーツを合わせるのがおすすめ。

お出かけではチェーンバッグを添えて、エレガントに仕上げても素敵です。

チュールレースインナー

出典:aquagarage

ネックラインと袖に波打つメロー加工を施した薄手のトップスは、レイヤードスタイルのインナーに大活躍。

上からトップスを着たり、中にキャミソールを着たりして、抜け感のあるコーディネートを楽しめます。

デザインがシンプルなので、総チュールレースでも甘さは控えめ。ストレッチが効いているアイテムなら着心地も抜群です。

気になる首のシワをさり気なくカバーできるという点も嬉しいですね。

切り替えチュールプリーツスカート

出典:DoCLASSE

こちらのチュールスカートは、サテンのペチコートに重ねるタイプの優美なルックス。

チュールの途中から別生地に切り替えた上質な素材で、オケージョンのボトムスとしても映えること間違いなしです。

デザインそのものはベーシックなプリーツスカートなので、流行り廃りなく使えるのが嬉しいですね。

チュールの儚さとふんわり感に大人の上品さを加えた、エレガントで主役級のスカートです。

40代女性が使える『甘めディティール』④パフスリーブ

パフスリーブカラーニット

出典:Re:EDIT

ふわっとしたパフスリーブは、シルエットが丸く整うことで女性らしくて優しそうな雰囲気に見せてくれます。

ディティールとしての印象が強いので、袖以外はシンプルなデザインに。

色味もこのくらいヴィヴィッドなカラーなら、甘さ控えめでカッコよく着こなせるでしょう。

スッキリしたシルエットでどんなボトムスにも合いますが、特にパンツとのコーディネートはおすすめで幅広いシーンに活用できます。

パフスリーブゴールドボタンカーディガン

出典:Pierrot

フロントにゴールドのボタンを添えて、大人が上品に見えるカーディガンに。

パフスリーブの膨らみ加減は控えめで、肩から手首にかけてを程よくカーヴィーに整えてくれます。

カラーは赤みを抑えたクセのないベージュなので、モノトーンやヴィヴィッドカラーなど、ボトムスのカラーを選びません。

パンツに合わせてフェミニンに味つけするもよし、スカートで甘さを上乗せするのもよしと、テイストの微調整をしやすい一枚です。

40代女性が使える『甘めディティール』⑤ティアードフリル

ティアードブラウス

出典:Pierrot

高めの位置から二段の切り替えが入り、上半身をふんわりとしたAラインに。

腰の位置を高く見せることで脚長効果も期待できて、腰まわりのカバーにも役立つ便利なアイテムです。

襟はスッキリとしたハイネック、袖にはアクセントの切り替えが施されているため、ティアードの甘さを引き締めてくれます。

スキニーパンツで下半身をタイトにすると、バランスのいいYラインシルエットが完成。ブーツを足してジョッキー風にするのもオシャレです。

ティアードスカート

出典:Pierrot

アーチ状に入った切り替えが特徴的で、一般的なティアードスカートに比べてモードな印象に仕上がります。

シンプルなニットやプルオーバーに合わせるだけで、印象的なフェミニンスタイルが楽しめますよ。

切り替えの位置が低めに設定されていることで、広がりを抑えながらマーメイドスカートに近いシルエットに。

深みのある美しいネイビーブルーで、少しだけ甘さが欲しい大人の装いにぴったりのティアードスカートです。

40代女性が使える『甘めディティール』⑥フレア

ニットフレアワンピース

出典:DoCLASSE

フィットアンドフレアのシルエットが美しい、セットアップ風のワンピース。

スカート部分の編み方を変えることで、下半身のラインを拾いにくくなっているのがポイントです。

ニット素材が体になじみ、落ち感によって広がりもセーブしてくれるため、着ぶくれしたり子供っぽく見えたりといった失敗コーデとも無縁です。

ウエストのブラウジングは体型カバーに効果的で、気になるお腹のぽっこりを上手にカバーできます。

プリント柄マーメイドスカート

出典:fifth

フレアを活かしたスカートで人気があるのは、裾のラインが印象的なマーメイドスカート。

大人かわいく仕上げるなら、辛口の要素を持つレオパード柄も素敵です。

カラーはホワイト×ブラックなので、モノトーンコーデで今っぽく着こなせますよ。

エレガントに着こなすなら、ニットやブラウスにヒール付きのシューズをプラスして。

Tシャツやスニーカーを使ったカジュアルコーデにもハマり、思いのほか着まわせるアイテムです。

フレアヘムブルゾン

出典:Pierrot

ブルゾンの無骨さが苦手な人におすすめなのが、裾にかけてフレアに広がるフェミニンな一枚です。

遠目から見てもわかる柔らかなフォルムで、優しそうな雰囲気に仕上がるのが嬉しいですね。

サッと気軽に羽織れるので、近所までのワンマイルコーデやママの自転車送迎にも活躍します。

その他、シンプルなコーディネートに変化をつけたい時にもぴったり。

ニュートラルなライトグレージュで、40代も甘さを控えて着こなせます。

40代女性が使える『甘めディティール』⑦フリル

フリルニット

出典:DoCLASSE

顔まわりを二段のフリルで彩る、エレガントで甘いデザインニット。

シンプルなニットからアップデートするだけで、パッと華やぐコーディネートに。

フロントとバックの両面にフリルがV字にあしらわれ、小顔見せやスタイルアップの効果も期待できます。

ウールをふんだんに使用した素材で、質の良さが際立つ滑らかなハイゲージ編みに。

プチプラのニットにはない上品さを堪能できます。

ベースのデザインはシンプルなので、スカートとパンツのどちらにも合わせやすいでしょう。

フリルブラウス

出典:Pierrot

袖口にのみ軽いフリルをあしらったブラウスで、甘さを控えたクラシカルコーデに。

基本のデザインはシンプルなので、ジレやジャンパースカートとのレイヤードスタイルにも重宝します。

ネックラインはスッキリとしたハイネック。

ネックレスやスカーフのアレンジもしやすく、自分らしい着こなしを楽しめそうですね。

オフィスではジャケットを羽織って袖口を隠し、仕事帰りの待ち合わせで雰囲気をガラッと変えるというのもおすすめです。

ディティールの甘さを楽しみながら、大人に似合う上品なコーディネートに!

出典:DoCLASSE

ふんわりとしたフリルニットや儚げなチュールスカートなど、砂糖菓子のように甘いファッションアイテム。

大人の日常で活躍の場を増やすなら、ディティールの取り入れ方や色選びを意識し、全体を上品なイメージにまとめるのが吉です。

もっと甘さが欲しい時には、レースを贅沢に使った下着を取り入れるなどして、見えないおしゃれで甘さを楽しむのもおすすめ。

こうして作った程よく甘いコーディネートは、寂しくなりがちな大人の装いをフェミニンに見せてくれて、お出かけで華やかに仕上げたい時にも活躍します。

ぜひ気になるアイテムで甘さをプラスしてみてくださいね。

  • この記事を書いた人
Saori

Saori

一般財団法人 日本能力開発推進協会「メンタル心理カウンセラー」 日本インストラクター技術協会「服飾インストラクター」 心理カウンセラーとしてカウンセリングを行う傍ら、更なる学びを求めて大学に通う。全ての女性がハッピーになれるような、ファッションからビューティーまで幅広く情報をご提案致します。

-40代コーディネート, 大人フェミニン, 着こなし術