レディースファッション通販&コーデ探し。

レディースファッション情報・minafashion

40代ファッション 春夏コーデ

脱ワンパターンで素敵に見せたい!40代女性に似合う白Tシャツのコーディネート14選

投稿日:

一枚でもレイヤードでも使えてオールシーズン活躍するTシャツ。

なかでも定番の白いTシャツは、何枚持っていても困ることのない便利なアイテムです。

しかし、定番のデザインであるがゆえに、そのまま着るとコーディネートがワンパターン化して、服装の印象が同じになりがちですよね。

そこでこの記事では、まずワンパターンになる原因を探り、次に白Tシャツのコーディネートをご紹介します。

40代に似合う落ち着いた着こなしが見つかりますよ。

白Tシャツのコーディネートがワンパターンになる原因は?

似たようなボトムスをいくつも持っている

体形に合うボトムスや合わせやすい色のボトムスなど、自分にとってのベーシックな服が揃っているとコーディネートしやすいですよね。しかし、それが似たような形や色ばかりだと、多少デザインが違っても見た目の印象は変わりません。たとえば、クローゼットに似たデザインの黒いパンツが数本ある場合、どれを選んでも「白Tシャツ×いつもの黒パンツ」となり大きな変化を感じられないのです。この場合は、持っていない色や生地のボトムスを加えることでコーディネートの幅が広がります。

羽織りものや小物でアレンジしていない

出典:SAISON DE PAPILLON

シンプルな白いTシャツは、そのシンプルさを活かして一枚で着るのも素敵です。ただ、マンネリ化を避けて着こなしの幅を広げたい場合は、「白Tシャツ×ジャケット」や「白Tシャツ×カーディガン」のように、セットで着るパターンを増やしていくのがおすすめです。いくつかのパターンを見つけたら、今度は小物を使ってアレンジの幅を広げましょう。ここまでのアレンジで、同じ白いTシャツを使ったコーディネートでも、そのパターンは数えきれないほどになっているはずです。

カジュアルなコーディネートだけに使っている

「Tシャツ」というとカジュアルなイメージがあり、普段着のみに使っている方も多いのではないでしょうか?そういった場合は、シーンを限定することでコーディネートの幅が狭くなっているかもしれません。生地の厚みやサイズが程よい定番のTシャツは思いのほか多くのシーンに使えて、合わせ方次第ではオフィスのようなオンの場にも着て行けます。インナーとして使うことを考えれば、オールマイティーに使えるといっても過言ではないでしょう。

白Tシャツとパンツのコーディネート

アクティブな大人に人気が高いTシャツとパンツの組み合わせ。一枚の白いTシャツも、合わせるパンツや着こなし次第で、それぞれ全く違った雰囲気に仕上がります。似たような定番色のパンツばかり持っているという方は、デニムパンツやカラーパンツを投入するとコーディネートの幅が広がります。

白Tシャツ×デニムパンツ

出典:Pierrot

Tシャツとデニムパンツの組み合わせは、カジュアルスタイルの王道ともいえるコーディネートです。大人の女性が意識すべきポイントは、カジュアルであってもルーズに見せないということです。サイズ感や生地の具合に注意しましょう。例として、薄手の柔らかいTシャツは体の線を拾います。こういったタイプのTシャツは、他のアイテムでシャープさを加えると良いでしょう。こちらようにシャツを羽織ると、シャツの生地がラフさをうまくカバーしてくれます。

白Tシャツ×黒パンツ

出典:Re:EDIT

白いTシャツと黒いパンツは、ともに定番中の定番ともいえるアイテムですよね。これくらいシンプルなモノトーンコーデだと、トレンドの小物も非常に引き立ちます。定番アイテム同士の着こなしでは、シンプルだからこそ、ちょっとしたデザインやサイズ感に仕上がりが左右されやすいものです。特にパンツのシルエットには気をつけて、今風に着られるものにアップデートしておくと良いでしょう。ごくシンプルな着こなしですが、アウター次第で多様なシーンをカバーできる基本のスタイルです。

白Tシャツ×トレンドカラーのパンツ

出典:Pierrot

パンツに季節のトレンドカラーを取り入れた新鮮なコーディネート。まっさらな白いTシャツは合わせる服の色を選ばないため、どんなトレンドカラーとも組み合わせることができます。一見合わせるのが難しそうな色でも、顔から離れたボトムスなので挑戦しやすいですよね。また明るい無彩色の白は、淡い色やソフトな色との相性も抜群です。ワードローブにきれいな色のアイテムが加わると、コーディネートが一気に今風に変わります。

白Tシャツ×ストレッチパンツ

出典:SAISON DE PAPILLON

自宅で過ごす日のリラックススタイルにもぴったりのTシャツ。ストレッチ性のあるパンツを合わせれば、家事や運動をするにも体がスムーズに動きます。在宅勤務でオンライン会議が入ったら、ジャケットを羽織って仕事着にチェンジすることもできますよ。スウェットパンツも楽ですが、急な来客にも対応するきれいめの一枚があると安心です。

白Tシャツとアウターのコーディネート

定番の白いTシャツは合わせるアウターを選びません。なかなかコーディネートが決まらないときも、トップスを白いTシャツに変えた途端しっくりくる、ということさえあります。また、襟元に白が入るコーディネートには清潔感があり、目にした相手に良い印象を与えるでしょう。

白Tシャツ×カーディガン

出典:Pierrot

白いTシャツとカーディガンはボトムスを選ばないコンビネーション。カーディガンから襟元や裾を覗かせるテクニックは、コーディネートに調和とこなれ感を与えます。このテクニックを使えば、色柄やデザインに特徴のあるアイテムもナチュラルに見せることができますよ。フェイスラインをすっきり見せたいときは、Vネックのカーディガンで顔の下に逆三角形を入れると良いでしょう。

白Tシャツ×通勤ジャケット

出典:DoCLASSE

カジュアルなアイテムというイメージが強いTシャツですが、きれいめの一枚を選べば仕事服としても取り入れることができます。オフィスに適したTシャツの条件は、ラフに見えないデザインとサイズ感、そして上質な素材です。襟元が開きすぎていたりサイズが大きすぎたりすると、だらしなく見えてしまうことがあるので要注意です。生地についてはTシャツのデザインにもよりますが、薄い色の場合、透けにくくて自然な光沢のあるものが使いやすいです。

白Tシャツ×ジレ

出典:DoCLASSE

40代のTシャツコーデにおすすめなのが、ジレを使ったこちらのスタイル。合わせ方はとても簡単で、定番の白いTシャツとパンツの組み合わせに羽織るだけです。ジレを一枚足しただけで、ご覧のように都会的で洗練された着こなしに大変身します。ロング丈のジレは体型カバーにも効果があるので、体の線を隠して脚を長く見せたいときにも便利です。また、羽織ることで温度調整にも使えるため、エアコンが効いた場所での服装にもぴったりです。

白Tシャツとスカートのコーディネート

大人世代には落ち着きのあるロングスカートが人気ですが、Tシャツはカジュアルなイメージが強く、あまり組み合わせたことがない方もいるかもしれません。しかし、そのカジュアルさをうまく活かせば、きちんとした服を親しみやすく見せることができて、出番の少なかった服をもっと身近に感じられるようになります。

白Tシャツ×プリーツスカート

出典:Pierrot

ひらひらっと風になびくプリーツスカートは、大人の上品なコーディネートに使われることが多いアイテムです。Tシャツのようにカジュアルな服とも相性が良く、女性らしい印象に仕上げたいときにぴったり。Tシャツが白なら、ペールカラーやニュアンスカラーといった淡い色を引き立ててくれます。カーキのマウンテンパーカーを羽織れば、きれいめのミリタリースタイルに。合わせるアウターを変えれば、様々なテイストのコーディネートを楽しむことができますよ。

白Tシャツ×白スカート

出典:Pierrot

誰もが持っている定番の白いTシャツ。同じ白のスカートがあれば、こなれた印象のホワイトコーデが作れます。白の面積が増えると着ぶくれしやすいので、まずはトップスをインしてバランスを整えます。さらにシャツでカラーを加えれば、メリハリのあるホワイトコーデの出来上がりです。こちらのコーディネートは、きれいなピンク系のカラーをシャツで取り入れた好例です。白をベースにピンクが良く映えていて、全体がちょうどいいバランスに整っていますよね。

白Tシャツ×ダークカラーのスカート

出典:Pierrot

白いTシャツをカジュアル以外に使ってみたい。そんなときは、ぜひダークカラーのスカートを合わせてみてください。たとえばシックで肌になじむブラウンのスカートだと、このように落ち着いたフェミニンスタイルに仕上がります。Tシャツとスカートの色をベージュのアウターで繋ぐと自然な印象に。上品なジャケットならTシャツでもここまで端正に見せることができ、きちんとしたシーンの服装としても十分に通用します。

白Tシャツとワンピースのコーディネート

ワンピースは一枚で着ても素敵ですが、ほかの服を合わせたレイヤードスタイルも人気があります。幅広いデザインのワンピースに対応するアイテムとして、ここでも白いTシャツが大活躍です。シンプルで汎用性の高い白のTシャツなら、ワンピースのデザインを引き立ててセンス良く装えるでしょう。

白Tシャツ×シャツワンピース

出典:DoCLASSE

洋服選びが難しい季節の変わり目は、ワンピースをアウター代わりに着るスタイルがおすすめです。寒い日には前ボタンを閉めるとかなり暖かいですし、暑くなったら袖をまくって微調整することもできます。コーディネートの基本が白いTシャツとデニムパンツで作る定番の組み合わせなので、ワンピースのデザインや柄で遊びを加えてもOKです。

白Tシャツ×ジャンパースカート

出典:Kuih

ジャンパースカートやキャミソールワンピースは重ねて着ることを前提としたアイテムです。白いTシャツをインナーに選べば、こういった主役のアイテムを引き立ててくれるので、レイヤードスタイルがおしゃれに決まります。ジャンパースカートの色が同じ白なら、白でまとめたオールホワイトを楽しむのもいいですね。ニットやカーディガンを肩に掛けるテクニックは、エアコンの効いた場所で温度調整したいときに使えます。

白Tシャツと小物のコーディネート

みなさんは小物を使ったコーディネートは得意でしょうか?小物を使うと全体をまとめるのが苦手な方も、癖のない白いTシャツならバランスの調整がしやすいはずです。白いTシャツをまっさらなキャンバスに見立てて、自分らしくアレンジを楽しんでみましょう。

白Tシャツ×ネックレス

出典:Pierrot

複数のアクセサリーを使った着こなしは、小物が引き立つ定番服ならではの楽しみ方かもしれません。ベースがこれだけシンプルだと、ネックレスの重ねづけのように印象的なアレンジも映えます。首元のチェーンがV字を描くことで小顔見えの視覚効果があるのも嬉しいですね。こちらのようにロングネックレスを使えば、縦のラインを強調してシャープさが際立ちます。モチーフのついていないネックレスをつけるとU字になるため、フェミニンで優しげな雰囲気に仕上がるでしょう。

白Tシャツ×ハット、ストール

出典:SAISON DE PAPILLON

定番の白Tシャツをガラリとイメチェンしたいときは、視線の集まる顔周りを小物でアレンジしてみましょう。まずは帽子ですが、Tシャツとパンツの辛口スタイルでは、同じ系統のマニッシュなハットがしっくりきます。この場合、ツバが広いとエレガントに、狭いとカジュアルに見えますよ。ハットの色味を抑えた分、ストールは自由にカラーを選べますね。こちらのコーデではネイビーのストールで知的な表情に仕上がっています。ハットとストールは、ともに温度調整や日除けにも使える便利なアイテムです。

40代が頼れる定番白Tシャツ。コーデの幅を広げてワンパターンを回避して。

出典:Pierrot

カジュアルなスタイルはもちろん、通勤や上品なスタイルにも使える便利な白Tシャツ。着こなしがマンネリ化している方は、ぜひ記事を参考にして変化のあるコーディネートに挑戦してみてください。ワードローブの軸になる白いTシャツを探している方は、適度なサイズ感のクルーネックTシャツを選ぶのがおすすめです。いつも最前線で活躍させるためにはコンディションも大切です。使う頻度が高い分、こまめに汚れの有無や生地のヨレを確認して、ときどき新しいものに買い替えるといいですね。記事内で気になる一枚を見つけたら、ぜひリンク先のショップをチェックしてみてください。

ライター紹介

Saori

一般財団法人 日本能力開発推進協会「メンタル心理カウンセラー」
日本インストラクター技術協会「服飾インストラクター」

心理カウンセラーとしてカウンセリングを行う傍ら、更なる学びを求めて大学に通う。全ての女性がハッピーになれるような、ファッションからビューティーまで幅広く情報をご提案致します。

-40代ファッション, 春夏コーデ

Copyright© レディースファッション情報・minafashion , 2021 All Rights Reserved.