レディースファッション通販&コーデ探し。

レディースファッション情報・minafashion

30代ファッション 40代ファッション 50代ファッション 60代ファッション 春夏コーデ

夏は涼しくおしゃれに隠す!二の腕をカバーする「フレンチスリーブアイテム」の選び方

投稿日:

夏のアイテムとして人気急上昇中なのが、フレンチスリーブのトップスやワンピース。

人気の理由は、二の腕が細く見えることや半袖より涼しいことで、女性らしく仕上がることも魅力のひとつとなっています。

この記事では、アイテムの数が増えてきているフレンチスリーブを使いこなすために、フレンチスリーブを選ぶメリットや目的に応じたアイテムの選び方を詳しく解説。

おすすめのアイテムもご紹介するので、ぜひ自分に似合うフレンチスリーブの服を探してみてください。

あらためて知りたい「フレンチスリーブ」ってどんなデザイン?

出典:fifth

フレンチスリーブとは、身頃から袖にかけて切り替えがなく、肩にかるくかかるようにカットされたデザインのことです。一部のアイテムについては、フレンチスリーブのデザインを保ちつつ、切り替えがほどこされていることもあります。ここ最近はデザインのバリエーションが増えて、袖丈の長さ、袖幅の広さ、袖口のデザインなど、それぞれ違った魅力を持つフレンチスリーブのアイテムが登場しています。

二の腕のカバーだけじゃない!フレンチスリーブを選ぶメリットは?

フレンチスリーブといえば、まずは二の腕カバーに優れているという印象が強いですよね。もちろん二の腕をカバーする効果は高いのですが、メリットはこのひとつだけではなく、他にも嬉しい魅力がいっぱいあります。

①二の腕をカバーする効果が高い

出典:DoCLASSE

フレンチスリーブはデザイン的に身頃と袖が繋がっていて、正面から見ると袖口が斜めにカットされたように見えます。このデザインのおかげで二の腕の太い部分やたるみの部分が隠れて、自然な体型カバーを叶えてくれるのです。うまく二の腕を隠すためには、自分の骨格や体型に合うフレンチスリーブのアイテムを選ぶことが大切。記事の後半でフレンチスリーブアイテムの選び方を解説するので、詳しくはそちらをチェックしてみてくださいね。

②シルエットが女性らしくて上品

出典:BouJeloud

通常の服は体のシルエットに合わせて立体的に仕上げるために、身頃と袖のパーツをつなげて作っています。こうた服を実際に着てみると、肩のラインにメリハリが生まれて、見た目はかっちりとした雰囲気になります。これに対してフレンチスリーブは身頃と袖が一体になっているので、肩のシルエットは丸みを帯びてフェミニンな印象です。さらに肩山が隠れることで、ノースリーブより控え目で上品な印象に仕上がります。

③暑い日も涼しく快適に過ごせる

出典:fifth

二の腕をカバーできるアイテムを比べた場合、半袖や五分袖よりフレンチスリーブの方が涼しく感じられ、夏の暑さ対策としても有効です。フレンチスリーブは身頃から腕の上部までをなだらかに覆うので、肩から腕にかけて広く覆うデザインより露出が多く涼しいのです。フレンチスリーブのアイテムを選べば、先にご紹介したようにシルエットも女性らしく仕上がり、一枚でたくさんのメリットを得ることができますね。

目的別・フレンチスリーブアイテムの選び方

ひとことでフレンチスリーブと言っても、袖の長さや袖口の開き具合いによって多くの種類があり、選び方次第で仕上がりが変わってきます。「二の腕をしっかりカバーしたい」「がっしりとした肩をカモフラージュしたい」「できるだけ涼しく着こなしたい」など、アイテムを選ぶ目的は人によってそれぞれ違うはずです。目的に合わせて最適なデザインを選び、フレンチスリーブのアイテムを効果的に使いましょう。

袖丈① 袖丈の短いフレンチスリーブで涼しく

出典:DoCLASSE

真夏の暑い時期に少しでも快適に過ごすためには、熱のこもりやすい脇の周辺を開放して、熱を逃がすようにすることが大切です。涼しさを重視してアイテムを選ぶなら、同じフレンチスリーブでも袖が短いものを選ぶのがおすすめ。袖の丈が少し短くなるだけでも涼しさが増し、ノースリーブを着ている時と近い感覚で快適に過ごせるでしょう。

おすすめのアイテム その1.ベーシックフレンチスリーブカットソー

出典:fifth

袖の短いフレンチスリーブカットソーで、暑い日も快適なコーディネートに。気になる肩の上部を効果的に隠しながら、短い袖で涼しさをキープできます。デザインがベーシックなので、定番のモノトーンとトレンドカラーなど色違いで手に入れておいてもいいですね。画像ではシャーベットのようなオレンジを合わせて、いつものデニムスタイルを旬の装いに仕上げています。

おすすめのアイテム その2.ハイネックフレンチスリーブTシャツ

出典:DoCLASSE

首の詰まったハイネックやモックネックのデザインは、シンプルなデザインでも今っぽく見せてくれると大評判です。フレンチスリーブの袖が短めなので、襟の開きが少なくても涼しく着こなせます。程よい丈感のTシャツは、一枚で着たりアウターの中に着たりと用途が多く、色違いで揃えておくと重宝するはずです。

袖丈② 袖丈の長いフレンチスリーブで二の腕をしっかりカバー

出典:fifth

二の腕の太さやたるみが気になる場合は、袖丈の長いフレンチスリーブアイテムを選ぶのがおすすめです。二の腕をほぼ丸ごとカバーしながら、フレンチスリーブ特有の斜めにカットされた袖口で、より軽やかにこなれて見えます。ノーマルな半袖に近い感覚で着用できるので、フレンチスリーブを着慣れていない人でも着こなしやすいでしょう。

おすすめのアイテム その1.フレアフレンチスリーブニット

出典:Pierrot

長めの袖先にフレアのアクセントが効いたフレンチスリーブニットです。波打つフレアで重たく見えず、袖が長めでも軽やかな印象に導いてくれます。シンプルながら華やかな雰囲気が感じられ、ほのかに甘い大人のコーディネートに仕上がっていますね。さり気ない装飾なので、ボトムスはパンツとスカートの両方にマッチします。

おすすめのアイテム その2.ギャザーフレンチスリーブブラウス

出典:Pierrot

袖丈を長めに設計し、半袖に近い感覚で着用できるブラウス。フレンチスリーブ特有の袖に切り替えのないデザインで、肩から腕にかけて女性らしいカーヴィーなラインを描いています。このアイテムのもう一つの特徴は、体の前後をぐるっと覆うアシンメトリーなギャザーデザイン。ふんわりとしたシルエットでお腹まわりも気になりません。

袖幅① 袖幅の広いフレンチスリーブで腕の太さをカバー

出典:BouJeloud

袖の幅に余裕のあるフレンチスリーブを選ぶと、ぴったりとしたデザインに比べて、腕の太さが目立ちにくくなります。二の腕の太さやむっちり感を気にしている方は、袖幅の広いフレンチスリーブのアイテムを選ぶと良いでしょう。ただし、腕を上げると脇やインナーが見えやすいので、袖丈を長めにするか目立たないインナーを選ぶことをおすすめします。

おすすめのアイテム その1.ベスト風フレンチスリーブニット

出典:fifth

袖口が広く開いたフレンチスリーブニットで、腕まわりに余裕のある細見えコーディネートに。深めのVネックということもあり、ベストを着る感覚でレイヤードスタイルに仕上げるのがおすすめ。暗めの色を選んでも、インナーに白のキャミソールをのぞかせると夏らしく見えます。ボトムスには旬のカラーパンツを合わせて今っぽい印象に。

おすすめのアイテム その2.ギャザーフレンチスリーブブラウス

出典:Pierrot

肩やネックラインにギャザーを寄せて、可愛らしい雰囲気に仕上げたブラウスです。袖口が広くキュッと上に引き上がったデザインによって、二の腕をすっきり細く見せてくれます。正面から見ると袖が横に広がるため、なで方さんもシャキッと着こなせるでしょう。ハリと柔らかさのバランスがちょうどいい生地なので、ギャザーの美しさがきれいに出て、おしゃれしたい日のトップスにも最適です。

袖幅② 袖幅の狭いフレンチスリーブで脇のチラ見えを防止

出典:Pierrot

袖口がキュッと詰まったフレンチスリーブは、脇やインナーが見えにくいことが魅力です。袖丈の短いデザインで涼しく装いたい場合は、こうしたフレンチスリーブのアイテムを選ぶことが得策ですよ。肩や二の腕をできるだけ隠したいなら、身頃から肩にかけてフリルやラッフルがほどこされたデザインを選ぶと、正面から見た時に気になる部分をうまくカバーしてくれます。電車の中など腕を上げるシーンでは、カーディガンを着用するというのもおすすめです。

おすすめのアイテム その1.カフタン風コットンフレンチスリーブブラウス

出典:Pierrot

夏場のナチュラルスタイルに合わせたくなるような、薄手のコットンで作られた白いブラウス。フロントのくるみボタンが縦一列に並んだデザインは、どこかカフタン調でトレンドライクに着こなせます。アームホールの開きは控えめなので、インナーが見えにくくて上品な印象です。デニムパンツを合わせると、抜け感のある大人のナチュラルコーデを楽しめます。

おすすめのアイテム その2.フレンチスリーブリブニットトップス

出典:SAISON DE PAPILLON

ニット素材のフレンチスリーブアイテムは腕まわりが詰まったデザインが多く、脇やインナーのチラ見えが気になりにくいのがポイント。袖が短くても肩のラインはきちんと隠せるところがフレンチスリーブならではの魅力です。ストレッチの効いたリブニットは、ボディラインを程よく拾ってフェミニンな雰囲気で着こなせます。

身幅① 身幅の広いフレンチスリーブでがっちり体型をカバー

出典:Pierrot

骨格がしっかりしているとフレンチスリーブを着たときに肩が目立ってしまうことがあります。こうした経験から、フレンチスリーブは似合わないと思い込んでいる人も多いのではないでしょうか?骨格にフレーム感のある人や肩幅が広い人がフレンチスリーブの服を選ぶときは、ゆったりとした身幅のアイテムを選び、肩を強調させないことが大切です。オーバーシルエットやボックスシルエットのデザインを選んで、肩と胴体をなだらかにつなげるように着こなしましょう。

おすすめのアイテム その1.ボックスシルエットのフレンチスリーブプルオーバー

出典:BouJeloud

ゆったりとした身幅のフレンチスリーブプルオーバーは、肩のラインがはっきりしている人に向いているアイテム。持ち前の骨格でスタイリッシュな印象に仕上がり、今っぽい大人のカジュアルスタイルを楽しめます。しっかりとしたコットン素材を選んで、カジュアルでも品のある装いに。トレンドカラーでコーディネートに差をつけるのもおすすめです。

おすすめのアイテム その2.ゆったりとしたフレンチスリーブワンピース

出典:BouJeloud

骨格がしっかりしているからこそ着こなせるのが、全体的に余裕のあるワンピースです。肩や鎖骨にフレーム感があることで、ゆったりとしていても太って見えず、スタイリッシュな雰囲気で着こなすことができます。フレンチスリーブで二の腕をうまく隠しながら、フロントのボタンを外して解放感いっぱいにアレンジ。レイヤードスタイルですが、風が通り抜けるので涼しく感じられます。

身幅② 身幅の狭いフレンチスリーブですっきりコンパクトに

出典:DoCLASSE

肩幅が狭い人に似合うのは、ジャストサイズかそれよりやや細身のフレンチスリーブアイテムです。このトップスに合うのは、下に向かって広がるAラインのスカート。上半身がコンパクトになることで全体が逆三角形のAラインシルエットに仕上がり、スラリとしたバランスのよい体型に見せることができるでしょう。Aラインシルエットはフェミニンな印象を与えるので、デートなどおめかししたい日のコーディネートにぴったりです。

おすすめのアイテム その1.フレンチスリーブフレアニット

出典:Pierrot

Aラインの女性らしさをトップスだけで演出できるのが、こちらのフレアデザインニットです。細めの身幅から裾に向かって軽くフレアを取り入れ、ボディラインを美しく見せてくれるのがポイント。気になる二の腕を隠しつつも適度にシルエットをアピールできて、大人に似合う絶妙なバランスに仕上がっています。

おすすめのアイテム その2.ボウタイ付きフレンチスリーブニット

出典:DoCLASSE

カジュアルなボーダー柄をボウタイで上品に仕上げたフレンチスリーブニット。ハリのあるニットを選べば、細身でもボディラインの難点を拾いにくく、シルエットをきれいに見せてくれます。白のラインを効かせたネイビーのニットは、きれいなパープルのスカートとも好相性。コンパクトなトップスに裾広がりのスカートを合わせれば、女性らしさの際立つAラインのシルエットが完成します。

露出が増える夏、気になる二の腕をフレンチスリーブで効果的カバー!

出典:Pierrot

二の腕の効果的なカバー、シルエットの女性らしさ、そして着ていて涼しいことなど、フレンチスリーブのアイテムには嬉しいメリットが盛りだくさんです。

夏に向けてアイテムの数が増えそうな予感ですが、ぜひこうした効果をしっかり実感しながら着用するために、自分の体型や骨格、そして着用の目的に合う一枚を見つけてください。

ノースリーブに比べて夏本番を迎える前から使えることも、軽く袖がついたフレンチスリーブならではの魅力です。

さっそく明日からのコーディネートに取り入れてみてくださいね。

ライター紹介

Saori

一般財団法人 日本能力開発推進協会「メンタル心理カウンセラー」
日本インストラクター技術協会「服飾インストラクター」

心理カウンセラーとしてカウンセリングを行う傍ら、更なる学びを求めて大学に通う。全ての女性がハッピーになれるような、ファッションからビューティーまで幅広く情報をご提案致します。

 

*minafashionにて掲載する各種記事への広告出稿には以下の条件がございます。
提携している広告・流入が多い広告・本サイトを経由、購入された回数や金額、閲覧数が多い広告
*掲載される広告によっては順位変動があります。詳しくはこちらをご参照ください。

-30代ファッション, 40代ファッション, 50代ファッション, 60代ファッション, 春夏コーデ

Copyright© レディースファッション情報・minafashion , 2022 All Rights Reserved.