レディースファッション通販&コーデ探し。

30代・40代女性のファッション情報・minafashion

40代コーデ 春夏コーデ

2018年40代春のトレンドファッション!気になるスタイル・色柄・アイテムは?

投稿日:

40代春トレンドファッション

日ごとに暖かさを感じるようになると、色とりどりの花が次々とつぼみを開き始めます。

街中が春めいてきたら、新しい季節のトレンドファションが気になり始める頃ですね。

今年の春はどんなファッションが流行するのでしょうか?

そしてたくさんあるトレンド要素の中で、40代に取り入れやすいのはどういったものでしょうか?

スタイルや色柄、押さえておきたい服や小物など、流行りの傾向をまとめてご紹介します。

さっそく気になるキーワードからチェックしてみましょう。

2018年40代春のトレンドテーマ

  1. ベーシックカジュアル
  2. リゾートカジュアル
  3. シアーな素材
  4. パープル&グリーン
  5. ドット、ストライプ、チェック
  6. ボーダー
  7. トレンチコート
  8. ワイドチノパンツ
  9. フラットシューズ
  10. リゾート小物

40代春の注目のスタイルは「ベーシックカジュアル」と「リゾートカジュアル」☆

今シーズン意識したいスタイルは、基本のスタイルとしてさまざまなシーンに活用できる「ベーシックカジュアル」、そしてこなれ感たっぷりで大人に似合う「リゾートカジュアル」です。

ワイドチノパンツやトレンチコート、そしてボーダー柄を効かせたベーシックカジュアルは、きちんと感とカジュアルさのバランスがちょうど良くて40代にぴったりです。

また、旬のカラーや天然素材の小物を使ったリゾートカジュアルは、夏が来る前からマスターしたいスタイルです。

注目の素材はレースやチュールなど透け感のある素材で、トップスにもボトムスにも取り入れられています。

トレンドカラーはくすみのある淡い色が人気で、なかでもパープルとグリーンは40代が使いやすいカラーです。

ぜひ挑戦したい柄はドット柄で、昨年から人気のストライプやチェックのアイテムも豊富です。

次からは、テーマに沿って流行のポイントに迫ってみたいと思います。

40代のさまざまなシーンに合うコーディネートもご紹介します。

1、ベーシックカジュアル

きちんと感やアイテムの機能性を求めて大人の女性が行き着いたのが、シンプルなアイテムを組み合わせたベーシックカジュアルです。

定番のアイテムこそ、着ごこちやデザインを追求して細かにアップデートされるので、外すことなくきれいに見せつつも、今っぽさのある新鮮な着こなしが実現します。

ベーシックだからこそ、ポイントとして使う服や小物によって、雰囲気を変えられるのもポイントです。

パーカーやロゴTにスニーカーを合わせるとスポーティーに、ギャザーたっぷりのスカートはフェミニンに、またボーダーのバスクTシャツやブレザーを組み合わせるとトラッドにと、気分やシーンに合わせて簡単にカスタマイズできます。

ネイビーと白でまとめて、ドット柄のアイテムを投入すれば、フレンチシックなベーシックカジュアルも楽しめます。

くすんだペールトーンやヴィヴィッドカラーなど、お好みのきれいなカラーを差し色にしても素敵です。

いくつかの基本のアイテムにトレンド服などを自由に加えて、応用が利くのがこのベーシックカジュアルです。

通勤スタイルから、ママ業のイベント、女友達との約束まで、着こなしに迷った時にも頼りになるスタイルです。

40代はどこか女らしさを漂わせるのがおすすめです。

通勤のスタンダートは白シャツ×黒パンツ☆

シンプルな白いシャツと黒のテーパードパンツは、どんな日の通勤にもマッチする王道の組み合わせです。

シャツは少し大きめに、パンツは足首ほどのクロップド丈にして、今年らしいバランスに仕上げるのがおすすめです。

上質な素材を選べば、シンプルに着るだけで洗練された着こなしが叶い、通勤スタイルに自信が持てます。

女友達や子供とのお出かけはデニムジャケットで親しみやすく♡

ボーダートップスとベージュのフレアスカートのコンビに、ジャストサイズのデニムジャケットを羽織れば、好印象なカジュアルスタイルの出来上がり。

基本アイテムの組み合わせは、べっ甲フレームのめがねや大ぶりのピアスなど、トレンドのアクセサリーを重ね付けしても、重くならずにおしゃれを楽しめます。

2、リゾートカジュアル

毎日着るものにリラックス感や着ごこちの良さを求める大人が注目するのは、リゾートテイストを落とし込んだカジュアルスタイルです。

リネンやコットンなどのナチュラルな素材をベースに、肌触りや素材の風合いを生かしたアイテムは、程よく肩の力を抜いた大人ぽい着こなしを叶えてくれます。

ちょっと気合を入れたいデートコーデなどに取り入れると、グッと今風にこなれて見えます。

夏からが本番のリゾートスタイルですが、今年は春のうちから取り入れて、着ごこちのいい服装でごきげんに過ごしましょう。

このスタイルの代表的なアイテムは、ボリューム袖やオフショルダーのブラウス、レースや刺しゅうを施したプルオーバー、さらっとしたリネンを使ったワンピースやジャケットなどです。

ストローハットやかごバッグ、リネンの大判ストールなど、小物をプラスすると雰囲気たっぷりに仕上がります。

ビニールバッグやサングラスなど、ビーチで活躍するような小物も人気があります。

ハット、ストール、サングラスは日除けにもなり、おしゃれしながら美容ケアまでできるマストなアイテムです。

全体的に女らしくエレガントに装うと、洗練されたリゾートカジュアルが完成します。

爽やかで女らしいストライプのセットアップ♡

リゾートスタイルにおいて大切なのは、素材感を重視することです。

コットンベースのワンピースは優しい風合いで、セットアップをワンピース風にした着こなしも、ゴージャスになりすぎず旬のヌケ感が漂います。

ストライプ柄を全身に取り入れて、清涼感のあるコーディネートに。

ベージュのバッグ、フラットサンダルとも好相性です。

サングラスで紫外線対策も忘れずに。

おしゃれな友達と会う日はマキシ丈のデニムスカート☆

ナチュラルなベージュのブラウスは、たっぷりとしたボリューム袖がフェミニンな一枚。

マキシ丈のデニムスカートは、素材の張りと長さで気になる下半身を丸ごとカバーしながら、40代の優雅なたたずまいを叶えてくれます。

メッシュ編みのバッグでリゾートライクに。

3、シアーな素材

毎年暖かくなり始めると店頭に並ぶ、レースなど透ける素材を取り入れた洋服たち。

シアーな素材に勢いのある今年は、かなり早い時期からたくさんのアイテムが登場して、レースだけでなくチュールやシフォン、クリアなPVC(ビニール)やアクリル素材までと、そのバリエーションにこれまでにない広がりを見せています。

うららかな春の日差しを受けて透けるシアーな素材は、季節感のある着こなしを叶えてくれます。

肌がかすかに透けて見えることで女らしさをアピールして、レイヤードが軽やかに決まるのも魅力の一つです。

シアーな素材は、アイテム次第でどんなスタイルにも取り入れることができます。

ベーシックカジュアルならチュールのロングスカートで重さを払拭して、フレンチカジュアルならドット柄のシフォンブラウスで今風に、といった具合です。

人気継続中のボリュームトップスも、袖がレースに切り替えられているデザインが新鮮です。

耳元に爽やかさを感じさせるアクリル素材のイヤリングや、透明感いっぱいのクリア素材を使ったバッグやシューズも遊びごころがあります。

レース袖のトップス×ベージュのワイドパンツでお花見に♪

写真を撮る機会も多いお花見は、陽の光に映える白とベージュのコーディネートがおすすめです。

シルエットが新鮮な二段重ねのボリュームスリーブは、人と被ることも少ないので、自分らしい盛り袖スタイルが楽しめるアイテム。

シアーなレースで今年らしく、品の良さを感じる着こなしに。

セレモニーや通勤は黒のレースで春モードに☆

卒入園に卒入学と、春はセレモニーの多い季節です。

いつものスーツをボトムスだけレース素材に変えると、きちんとした印象はキープしながらも、グッと軽やかで春らしい装いに仕上がります。

ボトムスにレースを取り入れる時には、膝下のタイトスカートなど、すっきりとしたデザインで甘さを抑えるのがコツです。

4、パープル&グリーン

次々と咲き始める春の花々のように、きれいなカラーのアイテムが続々とショップに並んでいます。

ピンク、イエロー、グリーン、パープルと、魅力的なカラーは元気を与えてくれます。

そんな数々のきれい色のなかでも、40代におすすめしたいのがパープルとグリーンの2色です。

どちらの色もくすみがかったペールトーンに注目です。

まずパープルですが、その魅力は何と言っても、色の持つ効果によるコントロール力にあります。

ピンクのように大人の可愛らしさを引き立てながら、チークのように赤みが血色感をアップさせてくれます。

ヘルシーに見えるうえに、含まれている青みによって爽やかさも感じさせてくれる、そんなお得なカラーです。

日本では古来から地位の高い人が見に着けるカラーでもあり、上品さや落ち着きも漂います。

そしてグリーンは新緑を思わせるフレッシュ感があり、目にする人を穏やかな気持ちにさせるカラーです。

一見合わせるのが難しそうに感じるかもしれませんが、カーキと同じ感覚で扱うと簡単です。

また、これまでの常識にとらわれず、ハッピーなカラーリングが注目を浴びている今年は、パープルとグリーンを一つのコーディネートに取り入れるカラーミックススタイルも新鮮です。

パープル×イエロー、パープル×ピーチ、ピンク×グリーンなど、カラーセラピーの気分で自由に組み合わせて楽しんでみてください。

イチオシのパープルはデニムのブラウスで甘さを抑えて☆

春になると欲しくなるきれい色のスカート。

2018年トレンドのパープルなら適度にクールさも漂って、ベストバランスなフェミニンコーデに仕上がります。

花モチーフの立体的なレースがキュートなブラウスは、デニム素材でリゾートテイストに。

大ぶりのイヤリングなど旬のアクセサリーを効かせて華やかに。

くすみグリーンがシックなシフォンワンピース♡

ペールグリーンのプリーツワンピースを主役にしたコーディネート。

きれい色のなかでも落ち着いた印象があるカラーなので、フェミニンなデザインを選んでもシックに着こなせます。

同系色のカーキのアウターを羽織れば、シックなワントーンコーデも楽しめます。

かごバッグなど季節感のある小物を取り入れて春のお出かけスタイルに。

5、ドット、ストライプ、チェック

この春のファションでたくさん使われているのは、ドット、ストライプ、そしてチェックの3種類です。

このなかでもニューフェイスとしてマークしたい柄はドット柄です。

立ち襟のブラウスなど、クラシカルな印象のアイテムとの相性は抜群で、繊細かつ上品に大人の魅力を引き立ててくれます。

大きさによって違った雰囲気を楽しめるドット柄は、小さめだとフェミニンに、中程度のドットだとフレンチシックに、大きめのドットだとポップでカジュアルな印象になります。

透け感のあるドット柄チュールを使ったパンプスは、コーディネートのアクセントにぴったりです。

爽やかですっきりと決まるストライプは、大きめシルエットのシャツで通勤ファッションに取り入れたり、マルチストライプのプルオーバーでリゾートカジュアルに仕上げるなどの使い方がおすすめです。

トラッドスタイルのアクセントとして活躍したチェック柄は、モノトーンのギンガムやベージュ地のタータンチェックなど、春らしいカラーで表情を変えて、引き続き人気を集めています。

春のデートはロマンティックなドットブラウスを効かせて♡

白×黒のドット柄ブラウスは、クラシカルなボウタイ付きのデザイン。

メタリックな光沢のある黒いプリーツスカートを合わせて、モノトーンベースの着こなしに。

春風から身を守るアウトドアテイストのアウターを羽織れば、適度にカジュアルダウンできて若々しく見えます。

小さめバッグで可愛らしく、パープルの靴でカラーを添えて。

子供と遊べるギンガムチェックのプルオーバー♪

子供と一緒にめいっぱい遊んでも、汚れが目立たないモノトーンのギンガムチェック。

すっぽり被るだけのプルオーバーは、カーキのチノパンツと合わせるだけで、即コーディネートが完成するのも嬉しいポイントです♡

軽やかに見える白いスニーカーは、デイリーコーデにヌケ感もプラスしてくれるのでおすすめです。

6、ボーダー

ベーシックカジュアルが見直されている今、定番のボーダー柄に熱い視線が送られています。

このボーダーを語るうえで欠かせないアイテムが、着こなしのアクセントとして活躍するボーダートップスです。

顔に近い位置に置くことでしっかりと柄の効果を発揮して、シャープな印象も与えてくれます。

ボーダーの線の幅をピッチと言いますが、このピッチが細いと上品で大人っぽい印象になり、太めだとラフさが増します。

カラーによっても印象が変わって、白ベースは爽やかでマリンテイストに仕上がります。

ネイビーのブレザーのインナーとして着ると、程よくカジュアルダウンされて通勤スタイルにも最適です。

白とベージュのボーダートップスを白いワイドパンツに合わせて、トレンチコートをサラリと羽織れば、ニュアンスカラーの着こなしが引き締まってスタイリッシュに決まります。

手首までのロングスリーブ、二の腕が隠れる五分袖、そしてその中間にあたる七分袖と、袖の長さが違うボーダートップスを持っていると、天候や気温で選べて、通年でスタイリングに活躍してくれます。

ワイドデニムパンツ×パネルボーダーできれいめに♪

ラフに着ても女らしくて、きちんとした雰囲気も漂うデニムスタイル。

上品に見せるポイントは、ボーダーの上部に余白のあるパネルボーダーを選ぶことです。

ワイド幅のデニムパンツに赤いフラットシューズを合わせて、70年代風のベーシックカジュアルに。

ボーイッシュな印象のボーダーは、フェミニンな小物を加えて大人っぽく仕上げて。

白×ベージュでまとめた上品スタイル♡

やわらかな表情に見えるベージュ×白のボーダートップスは、白い細身パンツに合わせて、上品なワントーンコーデに仕上げるのが素敵です。

スカートの着こなしにも負けない華やかさで、今っぽさ全開のコーディネートが完成します。

顔映えするボンボンイヤリングと、リゾート感のあるかごバッグを合わせて雰囲気たっぷりに。

7、トレンチコート

通勤から休日の外出まで、40代のどんなシーンにもマッチするアウターがトレンチコートです。

イギリスの軍用コートだったトレンチコートは、軽くて風を通さず、春先のコートとしてベストなアイテムです。

紳士服として愛されている伝統的なアイテムなので、クラシカルでいてモダンな印象があり、大人が求めるきちんとした着こなしを叶えてくれます。

あらためてその魅力が確認されている今、一枚持っているとコーディネートに活躍すること間違いなしです。

今年人気のトレンチコートにはいくつかの種類があります。

ベージュの襟付きデザインは、朝夕に気温が下がる春の通勤に重宝します。

膝丈からそれ以上のロング丈は、ザ・トレンチと言った風合いで、トレンドのベーシックカジュアルを今年らしく見せるのに向いています。

短めの丈なら、ブルゾンの感覚で気軽に羽織れます。

色の違いによっても印象が変わり、濃いめのベージュだと正統派の装いに、グレイッシュなライトベージュは都会的に見えます。

カーキのトレンチをネイビーのワイドチノパンツに合わせたり、ピンクベージュのトレンチをデニムパンツに合わせて甘辛く着こなすのも素敵ですね。

柔らかな素材を使ったノーカラーのタイプは、フェミニンな着こなしに仕上がります。

アウター以外では、トレンチ風のデザインを取り入れたスカートなども登場しています。

スポーティーなアイテムを効かせたベーシックカジュアル♪

カジュアルスタイルにこそ、どんどん使いたいトレンチコート。

寒暖差が激しい桜の咲く頃は、グレーのパーカーを中に着て、おしゃれしながら温度調整するのがおすすめです。

白×黒のボーダートップスをアクセントにして、ネイビーのパンツで大人っぽくまとめて。

明るくヌケ感のある白いスニーカーがぴったりです。

甘カラーのデートスタイルをハンサムに引き締めて☆

ラベンダー寄りのピンクに春らしさが溢れるワンピースは、なじみの良いカーキのトレンチコートを羽織って。

スカートの丈と同じ位のロングコートは、優美なシルエットを描いて、しっかり今年らしく見せてくれます。

模様のないアイテムを選ぶことで、春カラーが主役の洗練された着こなしに。

8、ワイドチノパンツ

今風のシルエットが叶うワイドパンツは、この春も人気のアイテムです。

40代のコーディネートにおすすめの一本は、ワイドシルエットのチノパンツ。

コットンベースの素材特有の張り感が下半身のラインをカバーして、すっきりとスタイル良く見せてくれるのがポイントです。

ジャストウエストの深履きタイプは、腰周りを隠して脚をスラッと長く見せてくれる効果があります。

タックが施されていると、着た時にふわっとしたシルエットになるので、フェミニンに仕上がります。

フラットパンプスやバレエシューズと合わせれば、トラッドスタイルに適度な甘さを加えることができます。

タックのないセミワイドタイプは真っすぐなシルエットになり、カッコよさのあるマニッシュな着こなしに仕上がります。

きれいめに決まるので、白やストライプのシャツと組み合わせて通勤にも。

女らしいスタンドネックのシフォンブラウスと合わせて、モダンな着こなしに挑戦するのもおすすめです。

カラーは、ベージュ、ネイビー、カーキなどが人気です。

通勤からお出かけまで万能なセミワイドのチノパンツ☆

股下が深めのセミワイドは、2018年春パンツの人気デザインです。

白いブラウスを合わせてシンプルに着こなせば、通勤コーデから春のお出かけまで、さまざまなシーンに活用できます。

都会的なカーキは引き締め効果も高く、春アウターとして押さえたいトレンチコートとも相性抜群です。

黒い帽子とドット柄のスカーフで、マリンテイストの漂うフレンチシックにアレンジ。

元気なママに似合うカレッジスウェットとの組み合わせ♪

スポーティーな定番アイテムを足したカジュアルスタイルは、親しみやすさとトラッド感を兼ね備えていて、40代のおしゃれママに似合う着こなしです。

知的なネイビーのロゴ入りスウェットにタックの入ったベージュのパンツを合わせると、動きやすさや体形カバーも叶うスタイルが完成。

小物を白で揃えると明るさがアップします。

9、フラットシューズ

歩きやすくて旬のヌケ感があるフラットシューズは、大人の女性のスタンダートとしてすっかり浸透しました。

フェミニン派の代表は、ポインテッドトゥのパンプスとバレエシューズです。

ポインテッドトゥのパンプスは、ぺたんこで脚が疲れにくいのにきちんとした表情に仕上がり、ツンとしたつま先がかっこよくて、かえって女らしさを引き立ててくれます。

一方バレエシューズは丸みのあるトゥが可愛らしく、優しく親しみやすい印象に見せてくれるという魅力があり、フレンチスタイルの仕上げに投入すると、一気にそれらしい雰囲気でいっぱいになります。

どちらのフラットシューズも今シーズンはきれいな色が揃っているので、シンプルな着こなしのアクセントとしても活躍します。

ハンサム派のスタイルにおすすめのフラットシューズは、トラッドな雰囲気が好評のローファー、スポーティーなスニーカー、紐で調整の利くレースアップシューズなどです。

子供を抱っこしたり走ることもできて、育児中のママにもぴったりです。

交通機関が混み合う春の通勤も、フラットシューズで足元から快適さを重視した着こなしに。

イエローのフラットパンプスを差し色に☆

カットされた小窓から足の指がちらっとのぞくパンプスは、サンダルを履いたような軽やかさが魅力です。

2018年の春も人気のイエローは、デニムのブルーと相性が良く、白いブラウスとのシンプルコーデがパッと明るくなります。

ツンととがったポインテッドトゥは、脚全体をきれいに、スラッと長く見せる効果も期待できます。

着こなしがあか抜けるシルバーのバレエシューズ♪

ストライプのブラウスとスカートを、シャツワンピース風に組み合わせたコーディネート。

上品なコンサバの着こなしに、季節感いっぱいのかごバッグと、きらめきを与えるシルバーのバレエシューズをプラスして、リゾートライクな大人のたたずまいを演出して。

ゴールデンウイークのお出かけにもぴったりの着こなしです。

10、リゾート小物

これまでも人気だった、かごバッグをはじめとする天然素材を使った小物たち。

今年は夏を待たずに今から取り入れて、ひと足お先にリゾート感のあるスタイルを楽しみたい気分です。

注目のニューフェイスはメッシュタイプのバッグで、かごバッグよりしやなかで、中に入れる物に合わせてサイズ感や形を変えられるところがポイントです。

レザーをカットしたデザインや、ロープを編み上げたフィッシュネットバッグなど、どれもこなれ感たっぷりで遊びごころがあります。

紫外線対策に欠かせないハットは、スタイルに合わせてデザインを厳選したいアイテムです。

リネンのワンピースやレースのブラウスといったフェミニンな着こなしには、ナチュラルカラーのつば広ハットが似合います。

白いシャツとチノパンツのハンサムな着こなしには、白い中折れペーパーハットや、トップが平らなカンカン帽のようなデザインがマッチします。

リゾート感のあるスタイルに合うのはもちろん、この春はシンプルなベーシックスタイルに合わせたり、ドット柄の服を主役にしたフレンチシックに合わせたりと、リラクシングな味付けに活用してみてください。

新鮮さを狙うならメッシュバッグ☆

デニムジャケットと花柄スカートの組み合わせは、レザーのメッシュバッグで新鮮な表情にチェンジ。

いつものお財布とポーチから寒い時用のストールまで、入れるものによってフレキシブルに伸び縮みするのが魅力です。

なじみやすいブラウンやベージュを選べば、程よくナチュラルで落ち着いた印象に仕上がります。

かごバッグの次はメッシュバッグに決まり。

今年のかごバッグはラウンド型をマークして♪

モードさも感じるラウンド型のかごバッグは、2018年春のニューフェイス。

フラットなフォルムだから持っていてかさばらず、ハットとセットで使えば、一気にリゾートライクなコーディネートが完成します。

ふわっとしたボリュームが可愛いレース使いの白いブラウス、股上の深いデニムパンツを合わせて、明るくクリーンな印象に。

最新トレンドを押さえれば、春の40代ファッションがもっと楽しくなる♪

2018年春のトレンドから、40代に似合うものだけを集めてご紹介しました。

大人の女性が流行を取り入れる時には、ただ流行っているからというだけでなく、いまの自分にきちんとなじむかどうかという点に気をつけることが大切です。

そういった基準でアイテムを選んでいけば、自然と着こなしにまとまり感も出てきて、外すことなく季節のおしゃれを楽しむことにつながります。

トレンドを押さえた似合わせアイテムを買い足して、通勤もお出かけもママ業も、春らしくフレッシュな装いでスタートしましょう。

ぜひ今回の特集を参考にして、コーディネートの計画を立ててくださいね。

トレンド盛りだくさんの40代女性向けファッション通販サイトとブランド♪

40代女性に人気のファッション通販サイトとブランド

-40代コーデ, 春夏コーデ

Copyright© 30代・40代女性のファッション情報・minafashion , 2018 All Rights Reserved.