美白化粧品の本当の役割とは?

美白化粧品の効果をご存知でしょうか?

美白=漂白と思っている方も多いのではないでしょうか?

美白とは、シミ予防のことであり、シミに直接作用するというものではありません。

ただし、シミに直接作用すると言われている成分もありますが、全て消し去ることはできません。

あくまで予防的な意味合いであるということを理解しておきましょう。

シミはメラニンの生成による色素沈着が原因となって現れます。

原因としては、紫外線が一番の要因ともなります。

美白化粧品はメラニンの生成を阻害するために使用するものです。(チロシナーゼ抑制効果

チロシナーゼを抑制することにより、メラニンの生成を抑えてシミの予防をするのが一般的なのですが、これ以外の抑制効果を持つ成分も存在します。

成分にもよりますが、大抵の場合はこうした抑制効果を狙ったものです。

では、できてしまったシミは一体どうやって除去すれば良いのかというと、基本的にはレーザー治療に頼るしか方法はありません。

化粧品ではシミは消えないの?

残念ながらほとんど消えることはありません。

ただし、薄いシミなら除去できるかもしれません。

その根拠として、ビタミンC誘導体ハイドロキノンと言った美白成分はシミそのものに直接作用する成分だからです。

だからと言って、完全に除去できるかというと決してそんなことはありません。

ハイドロキノンは欧米で古くから使用されている美白成分です。

これはシミによく効くとのことで、長年ずっと化粧品に配合され続けています。

ただ、それだけ強力な美白成分ということは、刺激という副作用も考えなければならないでしょう。

濃度が濃いものは白斑やかゆみ、赤みなどの症状が出ることがあるそうです。

ただ、ハイドロキノン自体日本で使用が認可されてまだまもなく、その使用条件もかなり厳しいものとなっています。

市販の美白化粧品で1~2%程度、それ以上の濃度になると病院の処方が必要となります。

5%を超えると被害が現れると言われている成分ですが、市販で使用されている濃度であればほとんど問題無く使用することができます。

シミを少しでも薄くしたいと考えている方は、ハイドロキノン配合の美白化粧品がおすすめです。

ただし、効果が現れるかどうかはシミや使用する方にもよります。

美白成分は、この他にもたくさんあります。

特にポーラの化粧品にはオリジナルブレンドの美白成分が配合されており、高い効果を実感することができるようです。

ただ、美白はあるものを除去しようとする化粧品ですので、刺激はほかのスキンケア用の基礎化粧品よりも強めだと考えたほうが良いかもしれません。

【PR】秋!閑散期に予約を取る賢い脱毛♪…安くてこう評価のサロンってどこ?
↓ ↓

脱毛サロン人気ランキング

 

20代レディースファッション通販ランキング
30代レディースファッション通販ランキング

 

40代レディースファッション通販ランキング
10代レディースファッション通販ランキング

 

 

      2015/04/12

 - 美白化粧品のおすすめ・通販情報