ブランドアイテムを検索する際の注意点!詐欺に合わないための基礎知識

最近、ネット詐欺が横行しているのを実際に私も目にしました。

フリーメールに送られてくる詐欺メール、フィッシングサイトへの誘導により、クレジットカード情報を盗まれたり、パスワードが流出したりと、何かと物騒な世の中になったものです。

最近私が見つけたのは、ベビー・キッズ用品のフィッシングサイトです。

『コンビ ベビーカー』などで検索したとき、2ページ目にズラッと出てきたベビー用品のサイト。

ただ、見るからに怪しい。

私はネット関係のお仕事をしているため、ひと目で変だと気が付くのですが、そうではない方ではなかなか気がつかないことが多いようです。

その詐欺サイトは、公式通販サイトと何ら変わりない作りをされており、ひと目で見抜くのはなかなか至難の業です。

と言うよりも、検索エンジンを提供しているyahooも見抜けないとは…やがてそんなサイトは無くなるでしょうけど、検索エンジンから直接通販サイトに行くのがちょっと怖くなってしまいます。

人気のファッションブランドでもこうした被害が出る可能性があります。

そこで、以前にもお伝えしましたが、見抜く方法を説明したいと思います。

詐欺サイトの見抜き方

見抜くために必要な知識

日本語が変

まず、一番に見てわかること。それは日本語が変だということです。

基本的な文法ができていない、明らかに何かを無料翻訳サイトで翻訳したような日本語の場合、ちょっと疑いを持ったほうが良いでしょう。

支払い方法が銀行口座のみ、しかも個人名義

最近の通販サイトは、支払い方法が多様多種となっています。

代引き決済、クレジットカード決済は当たり前で、他にもコンビニ払い、ペイジー決済、後払い、ケータイ払いなど、たくさんの支払い方法が用意されているのが一般的です。

最低でも代引きとクレジットカード。

これらが一切無く、銀行振込のみの通販サイトはまず間違いなく詐欺サイトと考えても良いでしょう。

電話番号や住所の記載が無い、もしくは変だったり、URLがおかしいなど、他にも見抜く方法はあります。

ここまでは以前の記事にてご紹介したのですが、今回のベビー用品に関する詐欺はSEOと呼ばれる手法を用いて検索エンジンに上位掲載されているのが特徴です。

怪しいサイトは検索エンジンに引っかからないという時代は過去の話となりつつあります。

場合によっては1ページ目の1番目に表示されている例もあったそうです。

検索した場合、検索エンジンにはURLが記載されています。

まずクリックする前にURLをしっかりと確認するのが詐欺回避のポイントとなります。

先のベビー用品の詐欺サイトは、URLに関連性が薄く、かつ末尾がjpやcom、bizなどの主要ドメインではないものでした。

まず、コンビで販売しているものはコンビのドメイン名が、それ以外の販売店で販売されているものはそのショップの名前、もしくは関連名がドメインとなっているはずです。

タイトル名がただの文字列

怪しいサイトはタイトルも非常に怪しいです。

通常は文章で掲載されているはずですが、詐欺サイトはキーワードを詰め込んだ文字列となっています。

例えば、『コンビ、安い、乳児、軽量、人気』とかですね。

これは怪しいです。

『コンビ ベビーカー』で検索した結果、こうです。

それにしても、日本語があまりにひどい。

もはや文章になっていません。

ほかの安全なサイトと比較すると、一目瞭然です。気をつけて見てくださいね。

と言うよりも、これ、表示されて結構日が経つのですが、yahooは一体何をしているのでしょうね?

早急に対処してほしいものです。

当サイトが提供している広告は、ASPというネット広告会社を通し、広告主と提携することによって通販サイトへのリンクを提供させていただいております。

安全に、安心してネット通販を利用するのであれば、こうしたサイト経由で通販サイトにアクセスするのがおすすめです。

ファッション関連以外にも、化粧品だったり、食品だったり、いろいろな紹介サイトがあります。

多くの情報を提供しているサイトがたくさんありますので、このようなサイトを利用してみてください。

【PR】秋!閑散期に予約を取る賢い脱毛♪…安くてこう評価のサロンってどこ?
↓ ↓

脱毛サロン人気ランキング

 

20代レディースファッション通販ランキング
30代レディースファッション通販ランキング

 

40代レディースファッション通販ランキング
10代レディースファッション通販ランキング

 

 

   

 - ファッション通販最新情報まとめ