*本ページにはPRが含まれることがあります

30代ファッション 40代コーディネート 50代ファッション 春夏コーデ

3月におすすめの服装・大人ファッション~気温、コーデ、アイテムをまとめてご紹介!

Saori

Saori

一般財団法人 日本能力開発推進協会「メンタル心理カウンセラー」 日本インストラクター技術協会「服飾インストラクター」 心理カウンセラーとしてカウンセリングを行う傍ら、更なる学びを求めて大学に通う。全ての女性がハッピーになれるような、ファッションからビューティーまで幅広く情報をご提案致します。

寒さと温かさが交互にやってくる3月。

昼夜の気温差も大きくてコーディネートに悩みがちですよね。

送別会、卒業式、お花見など、イベントも盛りだくさんです。

この時期の服選びがスムーズに決まるように、この記事では、3月の気温やファッションのポイント、おすすめのコーディネートやアイテムについて、大人の皆さんに役立つ情報をお届けします。

3月の気温は?

3月は寒暖の差が激しい月です。

上旬、中旬、下旬で寒い日と暖かい日が交互にやってきて、次第に冬の気候から春の気候へと変化していきます。

気象庁が公表した過去の東京の気温は、平均気温が9.4℃、最高気温が14.2℃、最低気温が5.0℃で、昼夜の気温差が大きいことも特徴のひとつ。

真冬並みに寒い日もあれば、日の当たる場所を歩いていると汗ばむような日もある3月。

寒暖差で体調を崩しやすい時期なので、服装はその日の気温や天気に合わせて、冬と春のアイテムを使い分けるようにすると良いでしょう。

引用元:国土交通省 気象庁

3月に着るファッションのポイントは?

①冬服と春服を使い分けて寒暖差に対応

出典:Pierrot

前半は朝晩が真冬並みの寒さになる日もある3月。

いち早く春のコーディネートを楽しみたいところですが、気温の変化に体がついていけず、体調不良を引き起こしてしまうこともあります。

外出する日は気温と天気をチェックして、無理のないコーディネートで体温を調整しましょう。

冬のアウターが必要になるのは8℃以下、ライトアウターだと12℃以下が目安ともいわれています。

18℃前後になると、アウターなしでお出かけすることもできるように。

気温に合わせてアウターを選び、中に着る服も冬物と春物をうまく使い分けたいですね。

②素材はコットンなど春らしいものにシフト

出典:DoCLASSE

日中は暖かい日があるものの、朝晩は冷え込むことも多い3月。

薄手の服では心もとないけれど、軽やかに装いたい。

そんなときは、素材を春らしいものに変えることで、無理なくシーズンライクなファッションを楽しめるようになります。

これから新しいアイテムを買うなら、ニットはコットンのような春向きの素材に、パンツやスカートは起毛のない軽やかな生地を選ぶとよいでしょう。

③イベントに合わせてアイテムを選択

出典:fifth

職場の送別会、幼稚園や小学校の卒園・卒業式など、3月は何かとイベントの多い時期です。

下旬には桜も咲き始めるので、お花見の予定を立てている人も多いでしょう。

こうしたイベントを控えている場合は、シーンに合わせて優先的にアイテムを揃えていくのがベスト。

早めに準備しておくと、余裕を持って当日を迎えることができます。

3月のシーン別コーディネート

オフシーン①ジャケット×デニムパンツ

出典:Pierrot

2023年春シーズンはトラッドスタイルがトレンドです。

オフシーンで着るネイビージャケットは、デニムパンツを合わせて大人のカジュアルスタイルを演出。

フィット感のある薄手のトップスは、1枚あると温度調整に活躍します。

ライトイエローやアイボリーなど、明るいカラーを選ぶと春らしい表情に仕上がるでしょう。

オフシーン②マウンテンパーカー×スカート

出典:fifth

3月後半になると各地で桜が咲き始めます。

桜の名所や公園でお花見を楽しむ人も多いでしょう。

まだまだ気温は低く、じっとしていると体が冷えてしまう時期なので、寒さ対策にアウターは必須。

シートなどに座って過ごす場合は、汚れやシワの気にならないボトムスを選ぶと、服装に気をとられることなく会話や食事を楽しめます。

トレンドの色柄を取り入れて春らしくおしゃれに。

オンシーン①トレンチコート×春カラースカート

出典:Pierrot

春コーデで真っ先に取り入れるなら、この時期の気温にマッチする薄手のアウターを狙って。

マルチに活躍するのは、トレンチコートやステンカラーコートといったシンプルで上品なデザインのコートです。

長めの着丈で風を遮ってくれるので、薄手のボトムスでも快適に過ごせます。

カジュアル派さんにはマウンテンパーカーのようなアクティブなデザインもおすすめです。

オンシーン②ツイードジャケット×きれいめパンツ

出典:fifth

歓送迎会、卒入園、卒入学など、春はイベントが多いシーズン。

春らしさと落ち着きを兼ね備えた服をワンセット揃えておけば、シーンに合わせたおしゃれを楽しめます。

華やかで着映えするツイードのジャケットは、トレンド感もあってオンシーンで幅広く活躍。

きちんと感のあるパンツを合わせることで、春のイベントにぴったりの上品なコーディネートが完成します。

合わせる小物で華やかさを調整すれば、さまざまなオケージョンシーンに対応可能です。

3月のファッションに取り入れたいアイテム

①ライトアウター

トレンチコート

出典:DoCLASSE

定番のデザインで合わせる服を選ばないトレンチコート。

オンとオフの両方でマルチに活用できて、3月の寒さや風から身を守ってくれます。

人気アイテムということもあり、デザインのレパートリーが広いトレンチコート。

画像のアイテムは2way仕様で、ジレとしても使うことができる優れもの。

新しく購入するならロングシーズンで使える1枚を選ぶのもおすすめです。

商品の口コミレビューはこちらからどうぞ

旬のトレンチならDoCLASSE二重織りワッシャーツイル・2WAYトレンチがおすすめ!レビュー&コーデ

マウンテンパーカー

出典:DoCLASSE

サッと羽織れて持ち運びのしやすいマウンテンパーカー。

アクティブに動きたい人や自転車を運転する人に最適です。

ホワイトやベージュなどライトカラーの服を着ることが多い人は、端正なネイビーで全体を引き締めるのもおすすめ。

トラッドな印象がプラスされて、オフィス仕様のコーディネートにも変身可能です。

ライトコート

出典:DoCLASSE

「アウターは実用性で選びたい」という人は、アウトドアテイストのライトコートに注目です。

最近ではタウンユースのおしゃれなブランドでも、防寒性に優れた春向けのコートを多く取り揃えていて、軽い雨を弾いてくれるコートや、花粉のつきにくい加工を施したコートなどが見つかります。

画像のコートは機能性だけでなくデザイン性も高く、きれい色とベージュを使い分けられるリバーシブル仕様です。

②ジャケット

金ボタンジャケット

出典:Pierrot

2023年春の大きなトレンドは、王道のアイテムが主役のトラッドスタイル。

その象徴ともいえるのが金ボタンをあしらったジャケットで、この時期はコート代わりにフル活用するのがおすすめです。

気温が低い日の寒さ対策には、インナーを薄手トップスとニットの重ね着に。

暖かくなりだしたらカットソーやTシャツに羽織るなど、気温に合わせて長く楽しめるでしょう。

ツイードジャケット

出典:fifth

春の行事を意識してアウターを入手したい人には、上品で季節感のあるツイード生地のジャケットが最適です。

こちらのアイテムはフリンジが縁を覆うデザインで、トレンド感の演出にもなることがポイント。

冬のツイードに比べて厚みが抑えられていて、春らしく軽やかに着用できます。

③コットンニット

Vネックニット×Tシャツのセットアップ

出典:DoCLASSE

3月に着用するニットは、サラリとした手触りのコットン素材がおすすめ。

ネックラインが開いたニットの場合は、合わせたときにきれいに見えるインナートップスを揃えておくと便利です。

こちらのアイテムは、ざっくりと編んだニットとシャツテールTシャツのセットなので、テクニック要らずで最適なレイヤードスタイルを楽しめます。

Vネックニット×ノースリーブニットのセットアップ

出典:DoCLASSE

素材にこだわる人のニット選びでは、同じコットンでもオーガニックコットンを検討してみるのがおすすめ。

デザインのバリエーションには、Vネックニットとハイネックのノースリーブを組み合わせた、レイヤードスタイル向きのセットもあります。

深めのVネックから肩を少し出せばカットアウト風に着こなせて、ヘルシーな大人の肌見せに。

④インナートップス

タートルネックカットソー

出典:Pierrot

春らしいライトイエローのタートルネックトップス。

肌に寄り添うような伸縮性のあるカットソー素材を使い、優しい着心地が自慢の1枚です。

うっすら肌寒い日も、インナートップスとニットやシャツの組み合わせで、春を意識した軽めのレイヤードスタイルに。

季節の変わり目に便利なアイテムです。

モックネックカットソー

出典:DoCLASSE

首周りのタイトさが人気のモックネックは、スッキリ見せたい人におすすめのデザイン。

春先の冷たい空気から首をカバーできて、温度調整のアイテムとしても活躍の場が沢山あります。

シーンを越えてのフル活用が予想されるので、新年度に備えて新しいアイテムにスイッチしておくと良いかもしれません。

⑤スカート

春カラースカート

出典:Pierrot

スイッチシーズンの装いを華やかに彩る、春カラーのスカート。

今季はマゼンダピンクという赤みの強いフューシャピンクが人気ですが、ちょっとくすみを足したこんなカラーなら、大人世代も抵抗なく取り入れられるはずです。

この春は実用的なユーティリティアイテムも多く、フラップポケットがついたカーゴスカートも登場。

程よく甘さが打ち消されていてバランス良く着こなせるでしょう。

ドット柄スカート

出典:Pierrot

フレンチカジュアルを意識したスタイルも流行の今シーズン。

スカートの柄では小さめのドット柄が人気で、ちょっぴりクラシカルな装いを楽しむ人が増えています。

ボリュームを抑えながら裾の揺れを演出するなら、膝下から広がるマーメイドスカートがぴったり。

金ボタンのジャケットとユーティリティなブルゾン、今季の2強アウターとも相性は抜群です。

⑥パンツ

ベージュワイドパンツ

出典:fifth

良く履くボトムスをいち早く春仕様にするのが、春のアイテムをスムーズに着回すコツです。

ソフトなベージュのパンツなら、季節感のある生地や明るいカラーの服になじみやすく、スイッチシーズンの1着として多様な活躍を見せてくれるはず。

センタープレス入りなら品よく仕上がり、きちんと見せたい日のコーディネートに重宝します。

バギーデニムパンツ

出典:DoCLASSE

今季のデニムパンツで気になるのは、太ももから下がゆったり広がるバギーシルエット。

上半身をコンパクトにまとめた「ピタ×ゆる」の着こなしなら、ももの太さやふくらはぎのシルエットを自然にカバーしてくれて、今風でバランスのいいファッションを満喫できます。

春のトレンドカラーに合わせるなら軽やかなライトブルーがおすすめ。

カラーパンツ

出典:Re:EDIT

優しく発光するようなルミナスイエローのワイドパンツ。

トレンドカラーをたっぷり取り入れることができて、明るく見せたい春のコーディネートとしてぴったり。

イエローはベージュと近い感覚で使えるカラーなので、思いのほか取り入れやすくて着回しも利きます。

布面積の多さで重心が下がるので、シューズを細身のつま先で軽やかに仕上げると好バランスに。

⑦シューズ

ローファー

出典:DoCLASSE

シルバーのアイテムをどこかに取り入れるのが今季のトレンド。

派手になりそうで服では取り入れにくくても、シューズなら面積が小さくて気負わずにトライできるでしょう。

色味にまでこだわるなら、いぶしたようなダークシルバーを選ぶと、奇抜にならないので通勤にも履いて行けます。

感覚的にはグレーの延長で使えて、モノトーンコーデのアクセントにもおすすめです。

ヌーディパンプス

出典:DoCLASSE

この春トレンドになっているシューズのひとつが、肌の色にスッとなじむヌーディカラーのパンプスです。

足元に抜け感が生まれることで、コーデ全体を軽やかな雰囲気に見せることができます。

安定感とスタイルアップの両方を求めるなら、ヒールは5cm以下で太めのタイプを選ぶのがおすすめです。

今季はつま先が細いポインテッドトゥが人気となっています。

⑧春カラーバッグ

トレンドカラーのバッグ

出典:DoCLASSE

3月は新年度の準備シーズンということもあり、新しいバッグを探している人も多いのではないでしょうか?

トレンド感を高めてくれるイエローのバッグなら、まだ冬服を使うこともある3月のファッションも、一気に春らしい印象に大変身します。

通勤で使うことを視野に入れて選ぶなら、大きな荷物も余裕で入るA4サイズのバッグがおすすめです。

ベーシックカラーのバッグ

出典:DoCLASSE

基本のアイテムをカラーレスで揃えたい人は、軽やかに仕上がる明るいカラーのバッグに注目です。

こちらの2wayバッグはきれいなライトグレーで、バイカラーのワイドストラップが今風。

マチ付きで収納力が高く、タブレットや12インチ程度のパソコンもすっぽり収まるサイズが魅力です。

仕切りのポケットは取り外しが可能で、ポーチとしても使えます。

通勤や荷物が多い日のお出かけに活躍しそうですね。

主戦力のライトアウターを軸に、気温に合わせて春と冬の服を使い分け!

出典:Pierrot

寒暖差が激しくて服選びが難しい3月。

日差しのある日中は暖かいものの、朝晩は寒い日も多いためアウターは必須です。

新しく取り入れるアイテムは素材を意識し、トレンドカラーも使って軽やかにまとめると良いでしょう。

  • この記事を書いた人
Saori

Saori

一般財団法人 日本能力開発推進協会「メンタル心理カウンセラー」 日本インストラクター技術協会「服飾インストラクター」 心理カウンセラーとしてカウンセリングを行う傍ら、更なる学びを求めて大学に通う。全ての女性がハッピーになれるような、ファッションからビューティーまで幅広く情報をご提案致します。

-30代ファッション, 40代コーディネート, 50代ファッション, 春夏コーデ