*本ページにはPRが含まれることがあります

30代ファッション 40代コーディネート 50代ファッション 春夏コーデ

気温30℃、7月の服装・30代40代50代大人女性のファッションは何がおすすめ?コーデ・アイテムをまとめてご紹介!

Saori

Saori

一般財団法人 日本能力開発推進協会「メンタル心理カウンセラー」 日本インストラクター技術協会「服飾インストラクター」 心理カウンセラーとしてカウンセリングを行う傍ら、更なる学びを求めて大学に通う。全ての女性がハッピーになれるような、ファッションからビューティーまで幅広く情報をご提案致します。

夏本番に向けて真夏日や猛暑日が増える7月。

梅雨明けまではジメジメした雨の日も多く、暑さだけでなく湿度への対策も必要になります。

快適な服装にシフトしていくには、どんなアイテムを揃えていけば良いのでしょうか?夏のトレンドアイテムも気になりますよね。

7月の気温に合わせた服選びのポイントを解説し、お手本コーディネートとおすすめアイテムをご紹介します。

7月の気温は?

東京における過去30年の気温は、平均気温25.7℃、最高気温29.9℃、最低気温22.4℃です。

しかし、気温は年々上昇傾向にあり、30度を超える真夏日や35℃を超える猛暑日も増えています。

湿度も高く熱がこもりやすくなるため、熱中症対策を意識して服装を選ぶようにしましょう。

リネンやドライタッチの生地は、汗を素早く発散してサラサラの手触り。触れるとひんやりする接触冷感生地のアイテムも快適です。

日差しも強くなる時期なので、UVカット機能を持つアイテムや帽子も積極的に取り入れたいですね。

引用元:国土交通省 気象庁

7月に着るファッションのポイントは?

①通気性や速乾性に優れた生地で快適に

出典:DoCLASSE

気温が上がると体は汗を出して体温を下げようとしますが、湿度が高いと水分が蒸発しにくいため、体に熱がこもりやすくなります。

サラッとした素材や風通しのいいデザインを選び、熱中症ならないように気をつけたいですね。

リネンや薄手のコットンは通気性がよく、これからの時期はアイテムの数が増えて選びやすくなります。

速乾性に優れたドライタイプのアイテムも人気で、熱や汗を逃がして快適に過ごせると評判ですよ。

②触るとひんやり!接触冷感のアイテムも役立てて

出典:Pierrot

接触冷感というのは、触れるとひんやりする機能のこと。

接触冷感素材は、肌から生地に熱が移動しやすいことで、触れるとひんやりとした感覚を得られます。

ひんやり感はQ-maxという指標で示され、数値が高いほど着用感はクールに。

この機能を持つアイテムは増えてきていて、今季も多くのブランドに登場しています。

少しでも涼しく快適に過ごすなら、こうした機能性アイテムも視野に入れて選ぶと良いでしょう。

③夏カラーでココロに元気をチャージ!

出典:aquagarage

梅雨のジメジメや暑さで元気が出ないとき、ビタミン豊富なフルーツで元気を補っている人も多いのでは?

ココロにエネルギーを与えるなら、フルーツの色をファッションに取り入れてみるのもおすすめ。

例えば、ポジティブで健康的なイメージを持つオレンジは、元気を与えて気分を盛り上げる心理的効果があるといわれています。

色の持つ効果をじょうずに活用して、暑さに負けない夏のファッションを楽しみたいですね。

7月のシーン別コーディネート

オンシーン①接触冷感コンビのひんやりコーデ

出典:Pierrot

真夏日や猛暑日の通勤は、少しでも涼しいコーディネートを心がけたいもの。

職場についた途端ぐったり、なんてことを避けるためにも、機能的な素材を使った夏アイテムを活用したいですね。

トップスとパンツに接触冷感生地を取り入れれば、暑さMAXの日も快適に過ごせるでしょう。

ネイビーとミントグリーンに小物で白を足した配色は、見た目も夏らしくて涼しげです。

オンシーン②ビタミンカラーのスカート×ジレのチアフルコーデ

出典:fifth

ホワイトベースの着こなしにスカートでオレンジを加えると、ヘルシーなムードが漂い元気いっぱいに。

ホワイトのジレで色の分量を調整すれば、ビビッドなカラーも着こなしやすくなり、夏のオフィスカジュアルにもぴったりです。

画像のようにトップスとジレのカラーを合わせると、セットアップ風になって上品さが増しますよ。

季節素材のバッグが雰囲気を盛り上げます。

オフシーン①コバルトブルーのワンピース×白いバッグの着映えコーデ

出典:Pierrot

涼しいノースリーブのワンピースは、この時期のイベントやデートにぴったり。

生地の面積が広いことで、旬のカラーを思い切り楽しめます。

今季はブルーが大人気で、暑くなるにつれビビッドなコバルトブルーのアイテムも増えてきている模様。

白いバッグと細ストラップのサンダルを合わせれば、抜け感のある大人のお出かけスタイルが完成します。

アクセントと温度調整を兼ねて、カーディガンをプラスするのもおすすめ。

オフシーン②オレンジのニット白い小物のブライトコーデ

出典:aquagarage

オレンジのニットにベージュのパンツを合わせた夏らしいコーディネートです。

華やかさを意識するなら、袖にフリルをあしらったフェミニンなニットを選ぶのもおすすめ。

ヘルシーな甘さのお出かけコーデに仕上がります。ホワイトのバッグと靴を投入すると、明るく爽やかな印象に。

小物がブラックだとガラリと印象が変わり、大人に似合うシックな佇まいが完成します。

7月のファッションに取り入れたいアイテム

接触冷感

出典:Pierrot

接触冷感・UVカット・抗菌をまとめて叶える、夏に嬉しい多機能なブラウス。

カットソーとジョーゼットの良い部分を取り入れた生地を使い、程よい落ち感できれいめにコーディネートできます。

シワになりにくく水洗いもできるなど、お手入れも簡単で便利な1枚です。

ウエストタックでシルエットにメリハリが生まれ、着用するとフェミニンな雰囲気に仕上がります。

出典:Pierrot

触れるとひんやりする素材を使った涼しいパンツ。風合いはリネンのようにシャリッとしていて、高見えするのがポイントです。

センタープレス入りの真っ直ぐなシルエットには、脚をキレイに見せてくれる効果も。

快適なパンツを軸にコーデを組めば、真夏日や猛暑日も涼しく過ごせそうですね。

同じ素材を使ったワイドパンツも用意されています。

ドライタッチ

出典:fifth

ドライと名のつくアイテムは、汗を素早く発散してくれるのが特徴。

こちらのジレには全面にドライタッチの生地が使われていて、7月のレイヤードスタイルを快適に楽しめるでしょう。

明るいライトグレーは夏にぴったりで、合わせる色を選ばずに使えて便利。

カラーアイテムにも合わせやすく、旬の色を使ったトレンドスタイルに向いています。

出典:DoCLASSE

汗をかいてもサラサラのパンツに、触れるとひんやりする接触冷感機能までプラス。

長時間履いていてもムレにくいので、仕事着や旅行に着ていく服として取り入れると良いでしょう。

ハリのある生地が生み出す真っ直ぐなシルエットには、下半身のラインを隠して美脚に補正してくれる効果が。

夏の定番として頼れるパンツです。同じ生地を使ったデザイン違いのアイテムもあります。

UVカット

出典:DoCLASSE

紫外線が強くなる7月は、UVカット機能を持つアイテムでしっかり日焼け対策をしたいところ。

普段よく使うシンプルなトップスも、この機能がついていると安心ですね。

こちらのニットには接触冷感の機能も備わっていて、紫外線と熱中症の対策をまとめて行えるのが魅力。

デコルテの日焼けを防ぐハイネックと、二の腕をカバーするフレンチスリーブで、デザイン面でも充実のニットです。

出典:DoCLASSE

羽織るだけで紫外線対策ができるカーディガンは、この時期のファッションに欠かせないアイテム。

こちらのアイテムはUVカット機能つきなので、日焼け止めを塗り忘れた場合にも心強いですね。

手触りはサラサラしていて、暑さを逃がす冷感触感の機能も持ち合わせています。

フロントにボタンのないデザインは、必要なときにサッと羽織れて便利です。

リネン

出典:DoCLASSE

リネンは熱を発散する力に優れ、天然の接触冷感素材として夏場に人気があります。

シャリ感があって肌離れが良く、汗をかいたときにベタつきにくいのもメリット。

上質なリネンを使用したジャケットがあれば、大人のトラッドスタイルを楽しみつつ涼しく過ごせるでしょう。

通勤からデイリーユースまでまかなえるベーシックなデザインです。

出典:DoCLASSE

リネンの持つハリ感を生かしたラッフルスリーブのプルオーバーブラウス。

ドレープが二の腕をきれいに隠し、体型を気にせず旬のデザインを楽しめます。

腕ぐりが広く開いていて風通しが良く、涼しく装えるのも嬉しいところです。

トレンドを意識してカラーを選ぶなら、鮮やかで明るいこんなブルーはいかが?海を連想させる涼しげなカラーです。

ビタミンカラー

出典:fifth

夏の朝食でたっぷりのビタミンを摂るように、ファッションにも鮮やかなカラーを投入。

ヘルシーな印象を持つオレンジのスカートは、シーズンムードのアピールにも役立ち、今から秋までたくさん活躍してくれそうです。

こちらのスカートは裾にかけて広がるAラインのシルエット。

フェミニンで落ち着きのある印象を演出し、大人世代の女性にぴったりです。

出典:aquagarage

夏のショップには鮮やかなカラーが溢れ、今季はフレッシュなオレンジのアイテムも充実。

ヘルシーさに加えて華やかさも欲しいなら、袖にフリルをあしらった女性らしいニットがおすすめです。

基本はシンプルなデザインで、ネックラインは定番のクルーネック。

スカートやパンツはもちろん、ワンピースの下に着ても素敵に決まるでしょう。

主役ワンピース

出典:Pierrot

夏のイベントシーンに着ていく服は、涼しく着られて着映えするものが理想ですよね。

こちらのワンピースはトレンドカラーのコバルトブルーが印象的で、デザインは涼しく装えるノースリーブ。

肩にタックを寄せたこだわりのディテールで、裾にかけての美しい広がりを楽しめます。

カーディガンを肩に掛けてカラーを足しても着映えし、羽織りものを足せばロングシーズン着用可能です。

出典:aquagarage

深海を思わせるブルーグリーンのワンピースです。

バックはリボンを添えた肌見せのデザインになっていて、夏に似合うドラマティックな装いを叶えてくれます。

露出を控えたい場合はリボンで開き具合を調整するほか、ベアトップやキャミソールで重ね着スタイルにするのもオススメ。

全体にゆとりのあるシャツワンピース型で、風を通す涼しい着心地です。

白いバッグ

出典:Pierrot

サイドで結んだノットハンドルがアクセントに。シンプルでいて存在感を放つおしゃれなバッグです。

白いバッグを手元に足すと、いつものコーデが一気に夏らしくなるから不思議。

清涼感やクリーンさもアップするので、爽やかにまとめるなら取り入れない手はありません。

大きさは横25cm×縦15㎝×マチ12㎝あり、長財布やペットボトルも収まります。

出典:DoCLASSE

夏らしい涼しげな見た目を叶える、パンチングデザインのトートバッグ。

A4の雑誌も入る大きめのサイズで、折りたたみ傘や水筒も収納可能です。

2タイプのハンドルがついており、手持ちと肩掛けの両方に対応しますよ。

同じ素材を使った大きめのポーチ付き。

この時期に通勤バッグの購入を考えるなら、ぜひ検討してもらいたいバッグです。

涼しいシューズ

出典:Pierrot

通気性のいいメッシュ素材を使ったフラットシューズで、ムレやすい夏の足元を快適に。

こちらのシューズは粗さの違うメッシュ生地重ねているのが特徴。

大人もエレガントに透け感を演出できますよ。デザインは今季トレンドのポインテッドトゥ。

脚全体をスラッと見せてくれる効果があり、ヒールなしでもスタイルアップを狙えます。

出典:fifth

日差しに映えるクリアヒールのサンダルは、足元でトレンド感を演出したい人にぴったりのアイテム。

こちらはヒールが5.5㎝と中程度の高さで、ヒールの形状も相まって安定感のある履き心地です。

華奢なストラップはフェミニンなムードを醸し出すだけでなく、コーデ全体を軽く見せてくれる効果もあります。

肌になじむ明るいベージュで、ダークカラーのワンピースにもぴったりの1足です。

ハット

出典:DoCLASSE

夏本番に向けて今から用意しておきたいハット。

フェミニンなブラウスやワンピースには、リボンを添えた編み上げタイプのハットが良く似合います。

こちらはくすみカラーにミントのリボンがおしゃれで、広めのブリムがエレガントな雰囲気。

日光をはね返して通気性を促す素材を使い、日焼けとムレの両方を防いでくれます。

出典:DoCLASSE

独自の構造により熱を遮り湿気を逃がしてくれるハットです。

紫外線を99.9%カットしてくれるので、まるで木陰にいるような快適さ。

バケットハットをベースにしたデザインは、シンプルで合わせる服を選びません。

ブリムの縁を好みの角度に調整できるので、シーンやコーデに合わせてアレンジしたい人にもおすすめ。

生地には抗菌防臭機能も備わっています。

涼しく快適なアイテムを取り入れ、夏らしいカラーで元気いっぱいに!

出典:fifth

7月は6月より気温が上がり、湿度が高いことで蒸し暑さを感じます。

近年では真夏日や猛暑日も増えつつあるので、速乾や接触冷感の機能などを持つアイテムを賢く使い、涼しい服装で健康を保ちたいですね。

ココロの健康面では、ポジティブになれるビタミンカラーを取り入れるのもおすすめ!

紫外線対策のカーディガンや帽子なども用意して、快適に過ごせるコーディネートを目指しましょう。

アイテム選びに迷ったときは、ぜひ記事の内容を参考にしてくださいね。

  • この記事を書いた人
Saori

Saori

一般財団法人 日本能力開発推進協会「メンタル心理カウンセラー」 日本インストラクター技術協会「服飾インストラクター」 心理カウンセラーとしてカウンセリングを行う傍ら、更なる学びを求めて大学に通う。全ての女性がハッピーになれるような、ファッションからビューティーまで幅広く情報をご提案致します。

-30代ファッション, 40代コーディネート, 50代ファッション, 春夏コーデ
-