レディースファッション通販&コーデ探し。

レディースファッション情報・minafashion

30代ファッション 40代ファッション 着こなし術

150cm以下の低身長でも子供っぽくならない服の選び方と着こなし術

投稿日:

低身長や小柄すぎてどうしても子供っぽくなってしまうのが大きな悩み…

30代〜40代の女性にとって、『大人らしく』見られにくいのは、シーンによっては大きな問題となるケースも。

そんな悩みを抱える大人世代の女性が、大人らしく世代相応に見られるための着こなし解決法をご紹介します。

華奢で150cm以下の身長でなやんでると言う場合

低身長の女性の場合、どうしても可愛いと言うイメージが先行してしまい、大人っぽくコーディネートしても服に着られてる感が出てしまったり。

特に小柄で華奢な女性は、例え世代が大人でも子供っぽい服や甘めディディールの服が妙に似合ったりしますよね。

シンプルなベーシックカジュアルこそが大人な着こなし!

って考える場合、その華奢な体型をうまく使い、身長が高く見えるような工夫が必要になります。

ポイント1・タイト

脚を長く見せたり、ほっそり長い腕を意識させるようなアイテムを選んでみましょう。

腕をほっそり見せるなら、こんなアイテムがおすすめです。

フレンチスリーブ

150cm以下の低身長でも子供っぽくならない服選び

二の腕カバーに使える斜めカットのフレンチスリーブは、腕をほっそり綺麗に見せてくれます。

ボディラインを拾うようなサイズを選び、ボトムスにハイウエストのフレアスカートやワイドパンツでバランスを整えて。

ハイウエストのボトムスは脚長効果抜群ですので、是非選びたいところです。

足元はビールパンプスやインヒールスニーカーで足首を綺麗に見せて。

ウエストインでメリハリを付けるとより低身長をカバーできます。

タイトタートルネックニット

150cm以下の低身長でも子供っぽくならない服選び

タートルネックは小顔効果がとても高いアイテムで、低身長カバーコーデにおすすめです。

タイトなトップスを選ぶ場合、ボディラインを拾う分シルエットがスッキリしますが、秋冬コーデの場合はタートルネックで小顔効果もと同時に取り入れるとカバーに役立ちます。

春夏で使用する場合は、ボートネックなどデコルテがキレイに見えるものがおすすめです。

スキニーパンツ

150cm以下の低身長でも子供っぽくならない服選び

スキニーデニムなど、美脚を印象付けるアイテムはタイトなトップスを合わせると全身のボディラインを思い切り拾ってしまうため、大人っぽさよりもセクシーで女性らしい印象が優ってしまいます。

タイトなボトムスを使うなら、ゆったりめのトップスを組み合わせるのがおすすめです。

ペンシルスカートのようなタイトスカートも同様です。

スキニー系ボトムスはボリュームが無いので、ゆったりトップスを合わせる事でより脚がほっそり綺麗に見えるアイテム。

良い部分を最大限に引き出して使うとオシャレです。

ポイント2・オーバーサイズ

全身タイトでボディラインを大きく拾うスタイルは、確かにほっそりスレンダー体型の女性には良いかも知れません。

ただ、女性らしいボディラインを強調すると、セクシーになり過ぎたりする傾向があるため、大人のきちんと感のあるスタイルになりにくい場合があります。

そこで、オーバーサイズのアイテムを上手く取り入れるのがおすすめ。

ウエストマークでメリハリを入れることができるだけじゃなく、タイトなアイテムを使用したパーツはよりほっそりキレイにかつスラっときれいな印象にもなります。

オーバーサイズニット、シャツ

150cm以下の低身長でも子供っぽくならない服選び

チュニック丈のオーバーサイズトップスは、ふんわりとして可愛く見せてくれます。

低身長の場合、全身ゆったりし過ぎると可愛くなりすぎて、大人っぽく感じない場合もあります。

ヒップラインをカバーする程度のトップスであれば、スキニーパンツを使い、脚線美を意識してみて。

細いベルトを用いてウエストマークすれば程よくこなれ、かつメリハリが生まれます。

メリハリある着こなしは30代〜40代の大人の女性らしいきちんと感を無理なく投入することができますので、おすすめのテクニックです。

低身長はゆったりとタイトを組み合わせる事でカバーできますので、メリハリを意識したコーディネートにチャレンジしてみましょう。

フレアスカート、ワイドパンツ

150cm以下の低身長でも子供っぽくならない服選び

ボリュームあるフレアスカートやワイドパンツは、ハイウエストでトップスをウエストインして使うのがおすすめです。

悩みは低身長ですので、トップスまでゆったりしてしまうと全身ずんぐりしてしまい、可愛さが先行してしまいます。

ウエストマークしても低身長カバーにはしにくいため、合わせるならタイトめのトップスが最もおすすめとなります。

ハイウエストボトムスの最大のメリットは何と言っても脚長効果。

手足を長く見せるコーディネートを意識的に取り入れて行きたいところです。

低身長で大人っぽく見えにくいアイテム

ボーイフレンドデニム

150cm以下の低身長でも子供っぽくならない服選び

ゆったりめのボーイフレンドデニムは、見た目のラフさと相まって可愛く見えるアイテム。

カジュアルにどこでも使えてオシャレに見せてくれるし、便利ですが、ストリート色が強く、子供っぽく見える事も。

使用するならロールアップ×タイトなトップスで出来るだけメリハリを付けたいですね。

ミニスカート・ショートパンツ

150cm以下の低身長でも子供っぽくならない服選び

大人っぽくと言う面では扱いにくいアイテムですが、夏場は欠かせないアイテムでもありますよね。

特にミニスカートは若者を象徴するアイテム故に使いにくさがあります。

カジュアルに使えるショートパンツを使いたいのであれば、短すぎずゆったりしたサイズ感のアイテムを選んで。

お肌の露出が多めのこれらのアイテムは、低身長の女性が使用すると可愛く見えてしまいがち。

大人らしい雰囲気を取り入れるなら、なるべく露出が少ないアイテムを選ぶべきです。

150cm以下でぽっちゃり体型の場合

低身長でぽっちゃり体型の女性の印象は、可愛らしい感じが第一印象。

上手く体型カバーしつつ、低身長も同時にカバーできるようなスタイリングを目指してみましょう。

ポイント1・カバーしつつほっそり見せる

タイトなアイテムはボディラインを拾ってしまうため、使用が難しいケースが多々あります。

トップスを選ぶとすれば、やっぱり体型をカバーしてくれるアイテムが大きなポイントとなります。

フレアスリーブやフレンチスリーブ

150cm以下の低身長でも子供っぽくならない服選び

袖コンシャスなアイテムは、袖にボリュームを持たせることで、二の腕をほっそり見せる効果があります。

また、袖にボリュームがあることで、ボディラインを拾わなくてもスッキリ見せてくれる視覚効果も期待できるため、ぽっちゃりカバーには最適なアイテムと言えます。

フレンチスリーブは一見二の腕が大きく出てしまうため、カバーできない印象があると思いますが、これも視覚効果でほっそり見せてくれるすぐれもの。

特に斜め袖のフレンチスリーブはその期待大です。

メリハリを取り入れるため、ヒップライン程度の着丈のトップスにレギンス代わりにスキニーパンツを合わせるスタイリングも体型カバーコーデには適しています。

きれいめに使えるシンプルなデザインなら、子供っぽくなりすぎないから低身長でも大人っぽく着こなすことができますよ^^

フレアスカートやワイドパンツ

150cm以下の低身長でも子供っぽくならない服選び

ゆったり下半身をカバーするなら、フレアスカートやワイドパンツを使用する方が多いと思います。

フロントインしてこなれ感を取り入れることができる一方で、お腹周りが気になる女性にとって、ハイウエストのボトムスはぽっこりお腹が目立ってしまいがち。

ウエストマークを取り入れるなら、ボトムインよりもオーバーサイズのチュニック丈のトップスに細ベルト等でウエストマークを取り入れる着こなし方がカバーとほっそり見せる効果を同時に採用できます。

ミモレ丈・くるぶし丈を敢えて選ぶことで、足首をチラ見せさせて、足首をスッキリきれいに見せるとよりシルエットがキレイになります。

足首が太くて…と言う方は、ヒールが高いシューズを使用してみましょう。

ママでパンプスは使いにくい場合は、安定した太ヒールもおすすめです。

スニーカーにこだわるのであれば、インヒール入りを選ぶと良いでしょう。

低身長をカバーできる服とおすすめコーデ

ほっそり見せるオーバーサイズニット×スキニーデニム

Pierrot(ピエロ)

ビッグシルエットのオーバーサイズニットはタイトなパンツを合わせるとより脚がほっそりキレイに見えます。

お腹周りがぽっこりするのが気になる方でも、着丈の長いものを選べばカバーしつつスッキリシルエットに。

低身長を美脚効果でカバーするコーディネートです。

小顔効果が高いタートルネックやフードパーカー

Pierrot(ピエロ)

首周りに大きなデザインが施されたタートルネックやフードパーカーは、小顔効果がとても高いアイテムです。

オーバーサイズのゆったりニットやスウェットを選ぶ時に小顔効果を意識して着ると低身長カバーに効果的。

ふんわりしたトップスとボトムスを同時に使用するのであれば、低身長に見えないようなアイデアが必要ですよね。

そんな時は、小顔効果が高いアイテムを着用すると見た目の印象が低身長に見えにくくなります。

手足が長く見えるタイトトップス×ワイドパンツ

Pierrot(ピエロ)

タイトなトップスはボディラインを拾うため、華奢な女性がよりきれいに見えるアイテム。

タイトなボトムスを合わせるのも一つの方法かも知れませんが、敢えてワイドパンツを使うことでより腕をほっそり長く見せることができます。

ハイウエストのワイドパンツが一般的ですので、ウエストの位置を上に上げることによる脚長効果にも期待できます。

二つの相乗効果で低身長を上手くカバーすることができ、シルエットがとてもきれいに見えるスタイリングです。

冬場はブーツ着用が多くなりますが、夏場はフレンチスリーブのサマーニットにワイドパンツ、足首がチラッと見える丈を選べばより効果的。

ロールアップで足首をきれいに見せるストレートデニム

Pierrot(ピエロ)

ストレートデニムは都会的でおしゃれなママに人気のアイテムで、ロールアップして足首をチラ見せさせて使うと大人可愛い抜け感をさり気なく取り入れることができます。

スキニーデニムのように全体的にスッキリ見せるパンツでは無いですが、タートルネックなどの首周りにボリュームのあるアイテムを組み合わせることで小顔効果と共に、低身長をさり気なくカバーする事ができます。

ボーイフレンドデニムだと子供っぽくなってしまう…と言う女性は、ストレートデニムで実践してみるのがおすすめです。

赤パンプスなど、差し色を入れることでよりオシャレに使いこなすことも可能。

ビッグシルエットのアウターを着ることで、より視覚効果を得ることができ、幼く見えにくいスタイリングが叶います。

ぽっちゃりカバー×ほっそり効果の組み合わせ

Pierrot(ピエロ)

オーバーサイズのトップスは、ほっそりと言うよりもボテッと見せてしまうため、低身長でぽっちゃり体型だと良くないのでは…

レギンス代わりにスキニーパンツを使用することで、体型カバーとほっそり効果の良いとこどりができる組み合わせです。

上半身をよりスッキリ見せるには、細ベルトでウエストマークするとよりメリハリが生まれます。

最近のトップスは二の腕をカバーしてくれるようなデザインが多いですが、より効果的なものを選ぶのであれば袖コンシャスなトップスを選んでみましょう。

低身長でも大人らしく着こなすポイント

基本的にはゆる×タイトでコーディネートにメリハリを取り入れる!

150cm以下の低身長でも子供っぽくならない服選び

オーバーサイズのビッグシルエットを上手く活用するには、タイトなアイテムを組み合わせるのが王道。

ゆる×ゆるの場合はウエストマークやフロントインなど、コーディネートにメリハリが出るようなテクニックを取り入れてみましょう。

チラ見せ効果で全身のシルエットをきれいに

150cm以下の低身長でも子供っぽくならない服選び

足首をチラッと見せたり、袖コンシャスで腕をほっそり長く見せる視覚効果を狙ったアイテムは、相乗効果で全身きれいに見せることができます。

ほんのちょっと見せるだけでコーディネートの雰囲気が劇的に変わりますので、こうした効果的なテクニックも低身長をカバーする上で重要な要素となります。

小顔や美脚などの効果を取り入れる

150cm以下の低身長でも子供っぽくならない服選び

小顔効果が高い・美脚効果が高いなど、アイテムそれぞれにカバーしたり視覚効果を得られるものがとても多いです。

それぞれの特徴を掴み、カバーできる部分はカバー、見せる部分は見せてスッキリした着こなしを目指してみましょう。

カバーしつつスッキリ見せる

150cm以下の低身長でも子供っぽくならない服選び

カバーすることとスッキリ見せることを両立させると、低身長もぽっちゃり体型もどちらもカバーさせることが可能です。

気になる部分があるのは誰もが同じことですが、思い切って見せる部分とカバーする部分を把握することが重要です。

これらの要素は、ブランド服を使用しなくてもプチプラ服で十分叶います。

要点を把握し、自分にピッタリの着こなし方を見つけてくださいね^^

30代女性に人気のプチプラファッション通販サイト

-30代ファッション, 40代ファッション, 着こなし術

Copyright© レディースファッション情報・minafashion , 2019 All Rights Reserved.